BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

チャネリング2 直観の利用法

こんばんは。今日2回目の更新です。

(ひとつめの記事「情報とその周辺」)

beats-and-love.hatenablog.com

今度は、もともと予定していた方の記事内容になります♪


 
一昨日の明け方の写真です。美しいブルー。


 

じょじょに光が差し、ブルーと淡いイエローのとけ合う濃淡が変化していく…

心の静まる光景でした。(*^▽^*)


この間、チャネリング、私の場合」という記事を載せましたが、

beats-and-love.hatenablog.com

これは同テーマの続きとなるお話です。


身近なチャネリング状態”についてこの間は言及しましたが、

それでは、「直観」とは何なのでしょうか。星


直観は、言い換えれば、

あるがままの自分、

(本当の)自分自身をチャネリングしているということ、

だと言えます。


内側にある叡知の状態、それがダイレクトにあらわれるとき、

私たちはそれを「直観」というように経験するのです。


一方で、

習慣的な思考、観念を元に解決しようとすることは、

(叡知の状態、ありのままの自己からくる直観を「光」にたとえると、)

「光を覆う雲のようなもの」…と、表現することができます。


これは、経験による知恵を否定しなければならないという意味ではなくて、


経験による知恵に、

ときに「邪魔させちゃいけないよ」ということなのです。


どんな経験による知恵でも、もし、

直観を無視して、それを打ち消す形で使うのであれば、

あなた自身の「あるがままの自己表現」を妨げることになります。



先に直観があり、経験による知恵はそれに従う。

という風に、どちらが“リーダー”かの順序を間違えずに、

直観に調和した使い方をすればいいのです。



★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

お申込みのご案内

ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.