BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

「クマにあったらどうするか」と出会う

こんにちは☆ みなさん今日はお元気ですか~(‐^▽^‐)

私は、わくわくするシンクロがありました♪

その流れで出会った、記事タイトルに挙げた本をご紹介したいのです。


☆「クマにあったらどうするか」☆
 

クマにあったらどうするか: アイヌ民族最後の狩人 姉崎等 (ちくま文庫)
 

この本は、長年クマを追っていた、アイヌの狩人の方の語りを載せた本です。


私は、過去にこの記事(「夢の世界に花束を」)を書いた頃から、

beats-and-love.hatenablog.com

人里に下りてくるクマのニュースがとても気になっていました。


それまで、ことさらにクマという動物を好きだったわけではないんですが、

ニュースの映像で見る、車道を歩くクマ、人と鉢合ってしまい逃げるクマ、

住民にケガをさせたので撃たれたクマ…

それを見ていると、いたたまれない気持ちになって、

クマの生活環境がとても悪くなっているのかもしれない、と気になっていたのです。


また、人間の都合により、クマが仕方なく移動しているかもしれないのに、

撃ち殺す以外に何か方法は考えないのだろうか?とも疑問に思いました。


私の、そういう関心や疑問への答えが、この本に書いてありました。


「ザ・花粉症」いう過去記事がありますが、

beats-and-love.hatenablog.com

その中で私は、人間によるアンバランスな植林についてふれました。


今回ご紹介する本の中でも、北海道でもやはり同じ事情があるようで、

人間が針葉樹をたくさん植林して、どんぐりの実る広葉樹は少なくなり、

クマも鳥も困っているという話が出てきました。


語り手である姉崎さんはもう亡くなっていらっしゃるのですが、

私は、この本を読みながら、

私たちの間にいかに、クマについて誤解にもとづく知識・間違った常識があるか、

そして私も、

クマについて本当に何も知らなかったんだなぁ~

ということを、思いました。


まだ本全体に目を通してはいませんが、途中でもご紹介したくなるくらい、

とても興味深い内容なのです。


たとえば、「クマの冬眠」についてなど、目からうろこでした。


それから、クマの知恵や…

(姉崎さんは、「クマが私のお師匠さん」と言っています)

出産の話もすごい。(どうすごいかは読んでみて!)


私たちは、あまりにも、驚異的にすばらしくできている自然の仕組みに、

目を向けなさすぎなのでは…?身近なそれを、過小評価してるのでは?

と、考えさせられました。


動物や自然がそのままで、教えてくれていることは沢山あるのですね。芽


こちらの記事ご紹介した自然栽培の木村さんのお話と共通していることですが、

beats-and-love.hatenablog.com


姉崎さんのお話を読むと、

本当のプロフェッショナルは、たとえ単独でも、

自分の興味のままに研究をし続け、

深い知識や経験を身につけていくのだなぁ

と、私は感銘を受けてしまいます。


自分の知りたいと思うままに、納得いくまで、クマを観察したり、

狩猟したクマは解剖してよく見たりしたという旨のことを、姉崎さんも述べています。


私たちはそうした、身近にいるかもしれない「個人のプロフェッショナル」のこと、

どれだけ知っているのでしょうね…。

提供できるすばらしい叡知を持っている人は、ごまんといるのです。

たとえもし、世の中に注目されていなくても。


いや、本来、私たちひとりひとりが、

それぞれ、他とは違う何か特別なものを持っているのですよね。バラ


★スピリチュアルカウンセリング★

お申込みのご案内

クリックありがとうございます!

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.