BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ぜ~んぶがあなた、でもね…

こんばんは☆

今回は、「ぜ~んぶがあなた、でもね…」というお話です。


160221_1.jpg 


このブログでも、何度か「ありのまま」をテーマにお話ししたことがあります。

ありのままの自分あるがまま

などの言葉を使っても、その言葉の示す意味について、

思い描く内容にはズレがあることもある、と過去記事で説明しました。


それは、

「どんな状態の自分も全てありのままなのである!」と、捉える場合と、


本心と建前や、思考と行動とがかけ離れていたり、

自分の心の内側が分裂してしまっているときに、

心の奥にある元々の気持ちや状態を、「ありのままの自分」という場合と


2通りがありますよね、ということです。



前者の考えでは、

「ぜ~んぶが私、なんだから…」

ということで、表面にあらわれている状態をそのままにすることがあります。


本当に納得していてそうした場合には、素晴らしい癒し効果もあるでしょう。


でも、同時に、このことも覚えていてください。


「ぜ~んぶが私、なんだけど…」

と、その「奥」を見る視点も、自然と必要になるのだということです。


なぜでしょうか。



どの人も、「自分でなくなっているとき」、

自己の内側でズレを感じているとき、負担がかかり、つらくなります。

湧いてくる本心に沿った人生や、「生(き)」の状態に戻そうとする、

魂の動き、「修正機能」がはたらく
からです。


心の内側で本当に思っていること、感じていること、ただ湧いてくる感覚、

そういったものに自分自身がさからっているとき、人はつらいのです。

そして、自分を肯定することも難しくなります。


少なくとも、うわべの表現がどのようであれ、

「私は本当はこう思っているのだ、こう感じているのだ」

ということを、自分自身が認める(受容する)ことを最低限しなければ


自分の中での別々な流れ、対立しあう「内側のたたかい」が生まれ、

心のバランスが崩れてしまうのです。



表面にあらわれる「表現」としての自分だけを見ているとき、

それだけであなた自身を評価しているとき、

いくら「ぜ~んぶが私なんだから!」と自分に言い聞かせ受け入れようとしても、


“見えている自分”や“現実”を好きになれないまま苦しむかもしれないし、

ときに相反して見える自分の側面同士に、困惑してしまうかもしれません。


それは、水面に出ている蓮の花だけに目を奪われていて、

水の下で伸びている茎や、地中の根っこの存在を無視するようなもの。


たとえば、

「なんだか自分が嫌いだ」という思いや、

「これじゃないんだ!」という感覚なども、

違和感によってあなたの心を内側に向け直すための、

「あなた自身の根っこ」から伝わってきているサインなのです。星



自分を、そして人生を、

ただ「悲しくあきらめる」ためだけに、ありのままという考えを使わず

あなたの可能性を「私はこうなのだから」と切り捨ててしまうために、

見たまんまを「あるがままである」と解釈して終わらないように…。


「表面からは見えづらい」根っこの自分にフォーカスをして、

外に見えているあなたの「表現」は、「表現」なのであって、

必ずしもあなたそのものではないのだと、思い出して。



根っこから絶え間なく受け取っている栄養を、どうぞダイレクトに生かして、

あなたならではの花を咲かせてください。キラキラ☆



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.