BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

棘のないバラ

こんばんは。

昨日の記事の最後に表示させていただきましたが、

対面セッションの受付を再開しました。

セッションの変更点をご覧いただいた上で、

通常どおりお申込みくださいませ。


該当記事「セッションの変更点と休業期間のお知らせ」

お申込みの手順はこちら「お申込みのご案内」


☆☆☆


今回の記事テーマは、「棘のないバラ」バラ


思うところあって、

私自身エネルギーワーク(ヒーリング)していたときの話です。



まず背景として、今年に入ってからはこれまで以上に、

ヘルパー存在たち、天使たちとの交流が深まっているのは、

記事に書いてきた通りです。


日常でも彼らとコミュニケーションをとっていますが、

このようにセルフヒーリングをするときにも、

やはり彼らはあらわれて手伝ってくれるのです。



中でも、私の天使でもあるヘルパー存在Aは、

たびたびあらわれてそのときに必要なメッセージを示してくれます。


今回も、そうでした。


エネルギーワーク中のリラックスした意識状態の中、

Aはあらわれてイメージを使った象徴での会話をしてくれました。



これは、以前の記事で「絵文字の手紙」にたとえたように、

言葉を使う代わりに、イメージを使ってシンボルで会話するということです。

私たちは、夢を理解するときにもこの方法を使っています。


そのとき注意点としては、象徴は個人的な意味を持つものであって、

あなた自身が自分のシンボルを理解することが大事である、

ということです。


たとえば「火」が何を意味するかは、その人によって異なり、

そのときのその人の状況によっても異なるでしょう。



今回、私に与えられた象徴はバラの花でした。

それも、真紅のバラです。


私はふだん、赤い色を沢山身につけることがそんなに好きではありません。

アクセントとして取り入れる分にはいいのですが、

赤色の割合の多すぎる装いというのは、あまり居心地がよくないのです。


ただ例外があって、真紅は好きです。

深い色の薔薇の花を思わせる赤色、

これは私にとって、深い「愛」の象徴を感じさせる色でもありました。



その、真紅のバラの花がヒーリング中にAによって渡されたのです。

そして、そのバラには棘(とげ)がありませんでした。


この象徴によって伝えられていたメッセージは、こうでした。


「バラ(愛)に必ず棘があると信じることはもうやめなさい。

その必要はないのだから。」



これは、現実世界のバラの花の棘そのものが悪いものであるとか、

不必要であるとか、そういうことを言っているのではありません。

象徴としてのお話です。


愛には痛みをともなうもの。

そう信じることを終わりにする時期がきた
、と告げられたのです。


愛について私自身が信じてしまったことで、“普遍の真実”ではないことを、

選択し直すときがきたのでした。


その観念を信じていると、深い愛の体験をしても、

いつもそこに「棘(痛み)」の経験がセットになってしまうのです。



そして、「棘(痛み)」についても、さらにこんなことがわかりました。


「痛みは、外の誰かが与えているものじゃない。

自分が作り上げているものなんだ。」



誰かや何かが自分に痛みをもたらしていると感じているとき、

私たちはその本当の根源から目線を外してしまっています。


でも根源を直視すると見えるのは、

決してあなた自身が「悪い」とか「不十分である」という証拠ではありません。

そうではなく、そこにあるのは自分自身の「誤った思い込み」



バラには必ず痛い棘、自分を傷つける棘があると信じれば、

痛い思いを我慢するか、棘から何とかして自分を防御しなければ、

その香りを心ゆくまで楽しむことができず、

近くでふれたくても、遠くから見つめるしかないように。


「棘のないバラを受け取ってもいい。

自分の世界にそれが存在することを、認めてもいい。」


棘のないバラがあってもいいということ、

つまり愛に痛みを伴わなくていいということ、

その認識を、まずは自分の内側で許可する必要があったのです。



「経験したら信じるよ。」というのは、この場合有効ではありません。

なぜなら、現実は私たち自身の内から表現されているものだから。


自分の意識の上で先に認め、選択するのです。



ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます!バラ

精神世界ランキング

 

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて」

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.