BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

創造性のもとで直視し、代替物からは離れること

創造性にフォーカスした記事、第6回目です。

前回「創造性と期待」

beats-and-love.hatenablog.com

☆☆☆

あなたがさらに自己の創造性と共にすすむとき
あなたは「直視する」。

そのとき、習慣的に埋めようとする行為を、しないこと。

今まで、あなたはそれを見たくないあまりに、
他のもので埋めていたのかもしれない。

自分の心にある隙間を、代替物で埋めようとしない。

すると、何が出てくる?

これまで、
隙間やぽっかりあいた感じを怖がり、
それをなんとかしようとしてしまうことが、習慣だったなら。

直視し、そのままでいること。

代わりの何かで埋めないとき、
何が起こり、何が出てくるのか。

☆☆☆

シリーズ開始時ご紹介した本の中では、
「活字を読まないエクササイズ」というのが途中で出てくるのですが、
(本はこちら「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」↓)

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 

活字に限らず、たとえば、いつも音楽をきいていたならきかない。
エクササイズを実践しているからという理由ではなくとも、
普段から、「今日、今、本当にききたいのか」を注意するということ。
習慣でそうしてはいないか意識してみるというのが大切です。

そうしてみたときに、あなたは何に気づくでしょうか。

☆☆☆

あなた自身の内側が上げている声を無視せず、
何かで誤魔化したりかき消したりせず、
内側が本当に求めているものから目をそらさないでください。

呼びかけに対する答えを、あなたが自身が受け取り、
本当に求めているものを「代替物や代替行為」ではなく自分に授けると約束するとき、

あなたは「ひとつ」の自己として結束します。


クリックありがとうございます☆
精神世界ランキング

☆スピリチュアルカウンセリング☆

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.