BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

現実は変わる?現世利益?

グダフタヌーン 気持ちのいいお天気です~。

外を歩いていたら、すれ違った人が「梅雨が明けたから~」って言ってたけど、

そうなの?梅雨明けしたのかな?(^∇^)


今日は、私がよく人から尋ねられる質問、

「現実はほんとうに変わりますか?」

について、答えるお話をします。

☆☆☆

この質問、けっこうよく尋ねられるんです。

スピリチュアルカウンセリングの現場だけでなく、プライベートでも。

「意識・心」、「スピリチュアリティー」の話をしているとね。


そう尋ねる人は、何かで心がおつらい状態、苦境にあったり、

本当は変えたいことがあるのに現実が変化しなくて、でも変わると信じたくて、

「どう思う?」と私にたずねていらっしゃるか、はたまた「運命論」的なもの…

「人には自由意思がなく、あらかじめすべては決まっている(選択肢はない)」

ということを信じていて、

「変えられるのは、起こる出来事についての“反応(受け止め方)”だけでしょう?」

と、質問の形でじつは議論をふっかけてきているか(笑)、どちらかなのね。


私もむか~しは、その点についてグラついていたこともありました。

だけど私の「内なる導き」はいつも、

自分が自分の現実をつくっている

ということを私に思い出させるように、その度に連れ戻してくれました。


このブログの記事をもうたくさんお読みくださっている方は、

私たちがどのように現実を選んでいるか、とか、それから並行現実のこととか、

色々と過去に提示しているので、受け入れるか受け入れないかはともかく、

なじみのあるお話になっていると思うのですけど。

「この現実(物質的な体験、五感で知覚できる)」と、

「見えない世界(意識・心の内側)」とは、

分断できるものではないのですね。


つまり、「私の内側が変わったのに現実はちっとも変わらない」

ということは、本当はあり得ないということなんですよ。

体験している現実というのは、あなたの外にあるわけではなく、

本当は内側そのものですから。


それでは、私の現実の中で、かなり「難題」になってしまっているあのことが、

なかなか変わらないというのは…

色々やってきたつもりだけど、私の内側がまだそれに関して、

変化していない、気づいていない何かがある…っていうこと!?

と、思ってくださった方、その通りです!キラキラ☆


ああこれは、見方を変えればぜんぜん問題じゃなかった、

私自身の本音では、このままが心地よくて望ましかったんだ!

と気づくケースは除きますよ。


そうではなくて、本当になんとかしたい!とあなた自身が望んでて、

「これはどうも、私の中で課題だなぁ」と、自覚できるようなことについて。

たいていそういうのって正直になれば自分でわかりますよね(笑)


実は、「現実って変わるの?」というご質問自体が、

“この現実とは何か”について、まだ思い違いをしているよ、錯覚しているよ、

という大事なポイントを教えてくれているんです。


あなたと、別に存在する「現実」なるものはないのだから。

☆☆☆

今日のタイトルに「現世利益」という言葉を入れたけれど、

これは私はパラドックス的に使いたくて入れたんです。


宗教を含む、色々な「精神世界」の考えに傾倒すると、ときに、

現世利益に走ってはならない!

現実はただの「影絵(まぼろし)」なのだ。

この世的なことなどどうでもいい、心の鍛錬のみにつとめよ。

的な考えに固執することがあります。

その価値観を採用する一方で、特定の観念に基づく怖れから、

「来世にそなえる」とか「死後に意識が○○になれるようにそなえる」という行為が、

本質的に同じ問題を含んでいるということには、気づいていなかったりします。

つまり、「現世利益(=あさましいこと、NG)」と捉えてしまい、

自分の人生、自分の現実に成果を見ようとすることすら、

厳しく否定する考えになってしまうことがある
、ということです。


物質的なあれこれを否定したり、この人生の様々な側面の価値を否定したり、

「個性ある人間としての自己」を否定したりしてしまったら、悲劇です。


ほんとうは純粋に「物質的」と呼べるものごとなど、何ひとつありません。

「現世利益」に走ることをいさめるメッセージがあることの意味はわかりますが、

大切なのは「順番」なのです。

(作業の順番、そして価値を置く順番、でもある。)


あなたの「意識・心」が先にあって、この世界があるんだよ。

だから、「目に見える世界の成果」や、その「形」だけを追っていても、

順序が逆になってしまったら、本末転倒になってしまいますよ。

ということですね。


意識・心の世界と物質体験世界は「両輪」です。

どっちかを否定していいものではありません。


同様に、物質がすべて「意識」でつくられているならば、

物質的=無いのと同じ、ゼロじゃん!

と、安易に解釈しないよう注意です。

そうすることは、「意識の表現の一部」を否定することになりますからね。


★スピリチュアルカウンセリング(対面、スカイプ、電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内

ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.