BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリング、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

塩で浄化☆と引き算の健康

ハーイ、こんにちは♪ヾ(^∇^* )

今日のテーマは、「塩で浄化☆と引き算の健康」です。


お清めするときには「塩」がいい!

というのは、皆さんもお耳にされたことがあると思いますが。


私はそこまで、浄化のために塩を用いる

ヘビー塩ユーザー

ではなかったんですね。(・ω・)


盛り塩もしないし…


ときどき、塩を溶いたぬるま湯で塩うがいをしたり、

ごくたまに、塩を入れたお風呂に浸かったり、という程度。


ただ、料理や食事のときに使う塩にはこだわりがあって。

食塩はノー!

天然塩で、気に入ったものを集める、ということはしていました。

とくに海塩が好き♪


そんなわけで、スピリチュアル的な意味で塩を常備、というわけでなく

家に3、4種類くらいの天然塩はいつも置いてあったわけです。


そうしたある日のこと。


今年の夏に入ってからです…

原因不明の湿疹?がたくさん出るようになりまして。


今まで経験したことのないタイプで、斑点みたいになってるんです。

人の指の跡とか、ヒョウ柄のようにも見える…o(_ _*)o

出る箇所は、上半身、とくに上腕~背中に集中しています!


急な症状になんだろう?とおどろきつつ、心当たりもなかったし、

放っておいて自然治癒を待っていたのですが、しばらくすると

さらなる出来事が起こりました。




この間、妹夫婦の家に一晩お泊りさせてもらったときに、

今度はダニに!たくさんの箇所を刺されてしまいまして。


自分の家に戻ってから、そのことに気づいたので、

(過去の経験者であるパートナーが、刺され跡を見て「それはダニだ」と指摘。)

少しの間は、

「ダニなんて言ったら、失礼かな…?」

と、妹に報告するのを躊躇していたんですけど。


かゆみがあまりにひどくなったのと、刺された箇所がすごく多いのとで!

黙っているうちに、妹もこんなに刺されたら大変(汗)

と決意、メールをしてみました。


すると、妹はあっさりとダニ刺されを肯定してくれたばかりか、

私のことを気遣って、色んな治療法を調べてくれた上、

「皮膚科に行く必要があったら、治療費は私が持つよ!」

とまで言ってくれて。


じつは妹も、私ほどではないにせよ刺され始めていて、

何の虫かな?もしかすると…まさかダニ?と疑っていたそうなんです。


ずっと愛用していたお布団が、形状記憶タイプの素材で、

折ったりベランダに干すことができない物で、

お布団に掃除機をかけて、手入れしていたそうなのですが…。


お姉ちゃんが泊まりに来た夜、わりと涼しくて、

部屋のエアコンをかけないままだったからダニが出ちゃったのかな~

なんて気にしていました。


それはともかく、その後も、妹は私ほどは刺されていないのです!

当日も、一緒に並んで同じ布団に寝たのに、
そうなんです。


一方私は、たったのひと晩、数時間そのお布団を借りただけで、

十数箇所も一気に
刺されているんです~omg


その上、ダニに刺されたショックのせいか、

連鎖反応を起こすように、アレルギーのような湿疹も次々と出始めて。

(これも不思議なんですがぁ…)


先述の、今年の夏になってから出ていた原因不明の湿疹と相まって、

数日間は、夜も落ち着いて眠れない状態でした。

保冷剤をあてて冷やしたりしました。


以前もやっぱり、よくわからない湿疹で皮膚科に行ったとき、

薬だけは何種類か処方されましたが、結局、


皮膚科の先生でもよくわからないんだなぁ…


という感想を持ち、その上、

通りいっぺんの検査や、温熱をあてる治療など?

受けたことがあり、もうそれには魅力を感じなかったので、

病院には行きませんでした。



けっこうびっくりした上に、つらかったので、

数日前の記事「ヘルパー存在との会話」のとき、このことも尋ねています。

身体的な抵抗力…と書いているのが、そうです。


だって、条件は同じでも、私だけこんな状態になるということは、

抵抗力とか免疫力が落ちているのかも!?と、思ったんですよー。



で、その後はどうしたかと言いますと。


心の面もそうですし、生活習慣的にも、見直すべきところはないかな、

と、アンテナを張ってみました。


夏に入ってから、お風呂上がりなどに体に、

赤ちゃんブランドのベビーパウダーを使っていたのですが、それもや
めにして。


もともと、お風呂の石鹸も無添加のを使っているし、

基本的に肌につけるものはもう長年、成分はやさしいものばかりです。


だけど、今回の症状は体が中心だったので、

そういえば体に塗っているスキンローションは、

ケミカルな成分が入っているものだった…と気づき、

長年問題なく愛用していたけれど、これも念のため中止に。


妹からは、

「肌の状態がわるいときは、何もしないのが一番!

石鹸の刺激もあまりよくないよ。」

と、アドバイスをもらったので、

「夏なのに石鹸なしだと脂っぽくならない?」

と返すと、幼児期はアトピーがあり今でも肌が刺激に弱いという妹は、

「私はふだんから石鹸は最低限の箇所にしか使わず、

なるべく控えるようにしている。」

と、教えてくれました。


そう聞いて心は動いたものの、

痒みや熱っぽさもあり皮膚に不快感があったので、


スッキリ浄化したいなー!!

というときに、直感で思いついたのが、「塩」でした。



家の棚には、もう5、6年前に買ったのだけど、

味や香りが金属臭いため、食用には使わなかった「ご神塩」がありました。


これは友人と登山に行ったとき、頂上にある神社で買ったのです。

(ちなみに海塩だと書いてあります。)


ずっと、ほとんど使わないまま長期間が経ってしまったので、

この折に、思い切りこのお塩を使おう!と思い立ち。


足先などの、差し支えなさそうなところには部分的に石鹸を使うものの、

ほとんどの部位は塩で洗うようにしてみました。


これまで、塩を入れたお湯には何度も入ったことがあったけど…

旅行先や外のお風呂での「塩サウナ」以外で、塩で体を洗うのは初体験です☆


これが、やってみると、気持ちいい!!(・∀・)


なんとも爽快なスッキリ感♪


オーラまできれいになった感じ!


お風呂上がりは、ふだんのスキンケアはせず、何もつけないように。


これを数日続けただけで、湿疹の全快こそしないものの、

かゆみや気になる症状は、軽減しました。


さらに、このことがきっかけで、私は考えました!


石鹸って、そんなに必要…?

と。

小さな頃から、当たり前のように、

毎日毎日、全身を石鹸ですみずみまで洗うものだって思っていたけど。

そして、洗うことで奪われた水分なり脂分なりを、

ローションやオイルやクリームで補って保湿していたけど。


それって、何か違うんじゃない…?(・_・;)


しかも、これまでの発想では、

肌の健康(からだにやさしいケア)に関心を持つようになると、

今度は「成分のやさしい石鹸」を探し求めていたのです。


無添加とかオーガニックとか、材料にこだわるっていうこと。


でも、そもそも石鹸がそんなに必要…??


保湿が必要になるほど、洗うことが必要…??


それを考えると、身近なことながら、目から鱗でした。


習慣になっていると「どうして?」という動機を問わなくなるし、

深くは考えなくなるものなのですね~。


折しも先週あたり、健康についての話題で、パートナーが、

「うち(彼の実家)は、足し算の健康法だったから。

(食べ物の栄養やサプリメントをもっと取れ取れ、というような。)」

と振り返っており、

「引き算の発想が必要だよねー」

という話になったばかりでした。



これは意識・心の領域、スピリチュアル的にもそうで、

私がよくクライアント様にお伝えするたとえだと、

インストールするより、「アンインストール」が大事なのです。


余分なものを取り除くと、

自然と、内にあるものが生きるという発想です。


外から「得なきゃいけないもの」があるというよりは、

本当に自分に必要なものを見極め、「選択する」こと。

そうでないものは、取り込む必要がないと気づくことが大切、

とも言えますね。

☆☆☆


この機会に、もうしばらく、

「石鹸を控えめにする生活」を続けて様子をみるつもりです。


皆さんも、手軽にスッキリしたいとき、

天然塩で直接体を洗う、というのをやってみるといいですよー♪


これだと塩を入れたお湯に浸かる入浴よりも、全身への負担はないです。

(入浴が負担になるコンディションのときってありませんか?)


あと、浄化の話ついでに書きますと、

塩のほかに、天然の浄化作用がすばらしいのは「土」ですね。


地方によっては、砂風呂とか、泥風呂とかがあると思いますが…

私が温泉地で体験したのは、かなり昔のことですが、

あれは本当に、身体の浄化になると実感しています!


海の砂浜で、裸足を砂に埋める、などでもいいのですが、

全身が砂に埋められる砂風呂は、とくに気持ちがいいですね!


また機会があったら入りたいな~☆(*^▽^*)



あと、今日は長くなったので書くのをやめましたが、

浄化も含め、最近大天使アリエルが色んなサポートをしてくれてます♪


アリエルのヒーリングについても、近々書きたいなと思っています☆


では (。・ω・)ノ゙


★スピリチュアルカウンセリング★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.