BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

人のためにというのは幻想

今回は、「人のためにというのは幻想」というお話です。

人のために、という気持ちを持つのは“良いこと”である、

人は利他的になるべきである

そう心がけなくっちゃ!と信じている方がいたら、ちょっと待ってください。

あなたは「自己犠牲の観念」に基づいた考え方をしているかもしれません。




人のために何かできるというのは幻想です。

こう言われたら、ムカッとする方もいるでしょう。

でも、この言葉を「どう理解するか」には注意してください。


私がお伝えしたいのは、

誰もが、純粋に自分自身のために何かをしているとき、

同時に真の意味で、他者のためにもなる。

ということなのです。

「他者」という見方もまた幻想だからです。


ところが、「みんな繋がっていて、私はあなた!」

というような考え方を基に、

「人のためにすることは、自分のためにすることだから!」

と、「人のため」を先に持ってきてしまう考えもあります。


人のために何かしよう!

一見、美しい姿勢ですね。


「人のために」を第一に考えることは、集合的な観念で、

「利他的である=いいこと、いいひと」と考えられていることもあり、

自分はそこに沿っている、正しい行いをしているという安心が得られます。

良い心がけ、良い行いと信じられるので気分もいいかもしれません。


でも実際は、あなたが本当にある人のためになっているかどうか

人の気持ちや望みやニーズをわかっているかどうかは、疑問です。

この世界の経験において、ダイレクトに観察できるのは「自分」です。

自分自身の内にしたがうこと、それが「実在」にチューニングするコツなのです。

逆に言うと、

「あなたが思い込んでいる他者のため」と、

本当に他者のためになることとは、ズレることがよくある
ということです。


それはちょうど「外に見える反映(鏡)」に気をとられていて、

「自分自身のふるまい」を忘れるようなものです。


ですから、順序を元に戻しましょう。

あなたが、純粋にあなた自身のために何かしているとき、

何らかの形でそれは他者のためにもなる。


このことが納得いかないという人は、

分離の観念をもとに、世界を見ています。

この意味をよく考えてみてください。

「え~! 『人のため』を考えることが先だって、いいじゃないか。

分離してないというのなら、他者のニーズから満たしたっていいじゃない。」

そう思う方も、まだポイントを理解していませんよ。


あなたの世界にて、あなたが本当に「創造できるポジション」は、

あなた自身の内にしかないのです。

それが「操縦席」のようなものなのです。


あなたは、あなたの内なるニーズにこそ応えていくことが必要で、

それによってあなたの経験する世界全体に影響を及ぼすのです。


それなのに、

人のためになっているかどうか…

この人の役に立てているかどうか…

そちらを先に考えると、あなたは「創造者」としての立ち位置を忘れ、

自分の内側からのメッセージを聞くことをやめてしまいます。


それから、「利他的」という観念について。

まず、この点を考えてみてください。

なぜあえて「利他」と言わなければならないのでしょうか。


あなたがよろこんでそうしたいと思い、何かをするのなら、

そのときあなたが
自分のしたいことをしているという「利」があるはずで、

充足しているので、「利他」とか「人のため」とかと思わないはずです。


「人のため!」と思っているとき、

「自分を犠牲にする」という思いが関わっています。

私のよろこびになることではないけれど、「人のため」だけに何かをする。

これは、自己犠牲です。


このようなあり方の危険なところは、

思い通りの結末にならなかったときに湧いてくる「怒り」です。

私は、人のためにこうしたのに!

自分のことは後回しにしたのに!

エネルギー的には「交換条件」を前提としているのです。


自分もまた、誰かから自己犠牲してもらうことを期待する。

または「良いことをしたんだ」と認めてくれること、感謝の気持ちを期待する。

他者がそれを拒否したり、思い通りの反応を示さなかったら、怒りを感じる。


自分は我慢したり、すすんで他者を優先したんだという自負があるからです。

そして、そうすることが正しいんだと信じているから腹が立つのです。


「あなたも、私の“ルール”にしたがってほしい。正しい世界であってほしい。」

自分が信じていることを、人にも信じてほしくて、

自分の期待する通りに相手にも反応してほしいと期待すること。


これは、他者をあるがままにさせずコントロールしたいという気持ち、

相手を変えようとするエネルギーです。


こうした思いが生まれてしまうのはすべて、単に、

「自分自身の本当の気持ちや、したいことに誠実でないから」です。


一方、「自分のため」「ただ自分がそうしたいだけ」

と自覚している場合にはどうでしょうか。

自分がそうしたいからして、結果として人のためにもなった。

これは、うれしいですね!

うれしいけれども、人のためになることを目的としているわけではないので、

人のためになっているようには見えないとき、また、

誰かがあなたを否定したり「それは要りません」いう態度を返すときでも、

あなたは腹が立たないのです。


結末に関係なく充足感を感じていることが、前者とは違います。

人がどうするか、どう思うかに、価値を置いていないということです。


これを、いわゆる「自分勝手」のことだと誤解しないでください。

自分自身の心に従ったら自分勝手になってしまうのではないか…と、

怯えている人もたくさんいます。

でも、それは見当違いです。自分勝手というのは、

「自己犠牲のゲーム」に乗っているとき生じる
ものなのです。

他者をコントロールしてでも自分の欲求を押し通したい、という考え。


それは、自分自身に誠実であるときには起こりません。

先述のように、他者を動かすという方向にエネルギーが向かないからです。


来る2016年、「人のためにという幻想」から自由になってはいかがでしょうか☆



★スピリチュアルカウンセリング★

お申し込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.