BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

存在の本質に沿ったポジティブさと、ネガティブベースで頑張っているときとの違い

東京都、寒いですねー。
ついこの間、5月の日射しは強烈!と感じていたばかりなのに。

東京都といえば、私の都内での対面セッションは明日で終了します。
ひと区切りつくなぁ、というすがすがしい感じです。

スカイプや電話のセッションの方は、通常通り行っています。
千葉県で受付する対面セッションのお申込み開始まで、少々お時間いただきますので、お急ぎの方はスカイプか電話の個人セッションをご利用くださいませ。

f:id:beats-and-love:20180509170208j:plain
この写真の背景に聞こえていたのは美しい鳥の声。主にウグイスでした。

各種メニューとお申込みのご案内ページはこちら

beats-and-love.hatenablog.com

今回の記事では「存在の本質に沿ったポジティブさと、ネガティブベースで頑張っているときとの違い」について、お話しします。

存在の本質を理解しているとき、自然と生まれるポジティブな姿勢 

物事にネガティブもポジティブもないけれど、私たちの心の姿勢はそのどちらかに分かれる

あらゆる状況はネガティブでもポジティブでもありませんが、 私たち人間はそれに対して自分なりの意味付けをし、解釈をします。

つまり、心の姿勢としては、方向性があるということです。
ネガティブ側を選択するか、ポジティブ側を選択するか。

ネガティブなエネルギーとは、あなたの意識を制限し、収縮させていくもの。
ポジティブなエネルギーとは、あなたの意識を自由にし、拡大していくもの。

創造者としてのあなたは、この現実において物事をどのように見つめるか、大きく分けてその2つの道筋を選ぶことができるのです。

今一度説明しますが、
物事が元々、ポジティブであるとかネガティブであるとか「性質として決まっている」ということはありません。

あなたがどう使っていくかという点が大切なのです。

すべてはものの捉え方次第ですが、存在(魂)の観点からは、ネガティブな状況というものはありません。

そのことがわかると、言い換えれば「存在そのものである自分に目覚める(自覚する)と」、あなたは「無理をせずとも、ポジティブな姿勢が自然なあり方になる」のです。 

これについては過去にも色々な形で説明してきましたが、よくわからないという方は、講座個人セッションへおいでください。

ここでは話を進めていきます。

無理にポジティブになろうとするのは、ベースにネガティブな思いがあるから

私はよく、「無理矢理ポジティブになること」について注意を促し、そういった姿勢と、自然にポジティブなあり方になることとは違うのだということをお話ししています。

あなたが何かを見ないふりしたり、恐れに蓋をしたりして「頑張って」ポジティブであろうとするとき、あなたは自分自身を常時、説得しなければいけませんよね。

本当に感じていることと、違うことを思わなければならないからです。 

そのように「自分に反して戦っている」状態は、エネルギー的に観察すれば葛藤そのもので、苦しいのだということがわかります。本人はポジティブな姿勢だと信じていても。

一方で、あなたがひとつになっているとき、自己一致しているときのポジティブさは、健やかなエネルギーです。

この違いは、エネルギーに焦点を合わせて気をつければ、一目瞭然なんですよ。

自己の存在の根本から湧き上がってくるポジティブさのもとでは、「恐れから蓋をしなければならないもの」、「見ないふりをしなければならないもの」が存在しません。

それでもあなたは「選択」をしますが、それは自分の好みや希望からであって、恐れから何かを避ける選択をするわけではありません。 

怖いから・避けたいから選択しない(別のものを選択する)、ということと。
興味がない・好みでない・惹かれないから選択しない(別のものを選択する)ということと。

選択という行為だけを見れば、両者は同じように見えるかもしれませんが、動機が全く違い、当然エネルギーも異なるのです。

そしてエネルギーの違いは、あなたが経験する「現実」の違いとして表れます。

恐れを持っていられるのは、自己内の分離を信じているからこそ 

あなたが恐れているとき、あなたは自分自身を信頼していません。
「存在」としての自己を忘れているということです。
根源的な自己と、現在の自分とを「別々のもの(分離したもの)」と見なしています。

存在としての自己を忘れたまま、この世界で自分を信じるということは不可能です。

この世界では、ポジティブなこととネガティブなこととはセットで存在するように見えます。
あなたは「ポジティブに見える選択の裏にある、ネガティブな要素」を思い、心配することになるでしょう。

そのような二極の思考の中で生きている間は、自分を信頼することほど不確かなことはありません。
ですから、外の、確かそうに見える、様々な「安心材料」にすがります。

それは他者かもしれません。物かもしれません。お金かもしれません。特定の立場や状況かもしれません。 

あなたがあなたを信頼する代わりに何かを求めるとき、それらはすべて一過性のもので、気を紛らわすことにはなっても、あなたの本当の望みを叶えてはくれません。

小さな不安を解消する方法は、いかにもたくさんあるように見えるでしょう。

でも、その大元にある、根源的な不安に焦点をあてたことがあるでしょうか。
そこを見つめる機会は、人生の中で色々な適した形で、出てきてくれています。

たとえもし、最悪に「ネガティブ」に見える状況があったとしても、あなたの根源を見つめる機会となるのなら、存在としてのあなたから見ると最高に「ポジティブ」な経験なのです。


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.