BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ガイドさんの絵のご紹介~ご依頼者ふきのとう様~

本日で、都内セッションルームでの対面セッションは終了しました!
これまでお越しくださった皆さま、誠にありがとうございました。

今後の対面セッション会場は千葉県になります。
お申込み開始時にはブログ上でお知らせします。

電話やスカイプでの個人セッションは引き続き、通常どおり承っています。
また、「ガイドさんの絵とメッセージ」メニューや講座の受付も同様です。

お申込みのご案内

beats-and-love.hatenablog.com

今回の記事は、ガイドさんの絵のご紹介です。

ガイドさんって?という方はこちらのカテゴリの過去記事もご参考にどうぞ。
ヘルパー存在・天使

beats-and-love.hatenablog.com

ガイドさんのご紹介記事や、その他の絵はこちらからご覧いただけます。
漫画、イラスト、ガイドさんの絵

beats-and-love.hatenablog.com

「ガイドさんの絵とメッセージ」メニューの説明とお申込みについてはこちらから。
ガイドさんの絵とメッセージご案内

beats-and-love.hatenablog.com

ふきのとう様のガイドさんを描きました 

ひとりの方にも多種多様なガイドさんがいらっしゃいます。

この度、ふきのとう様に現れたガイドさんは、こちらの方でした。

f:id:beats-and-love:20180510175350j:plain

お送りした情報と、ガイドさんからのメッセージ

私から、ふきのとう様へお送りした情報とメッセージは以下の通りです。

「今回描かせていただいたガイドさんは、異星人の女性です。
私から見ると、プレアデスのエネルギーと感じられる方です。

こちらのガイドさんは、ふきのとうさんに対し、
『いつもそばにいるよ』というアピールのエネルギーを強く発していらっしゃいました。

ガイドさんからふきのとうさんへのメッセージは、『空を見上げましょう』でした。
こんな意味のことが伝わってきました。

『空には境界がありません。
空を見上げることで、色々なポジションから空を眺めている仲間に気づくことができます。
場所という幻想から自由になり、私たちが常に一緒であることを思い出してください。』」

ふきのとう様、ガイドさんの絵を描かせていただき、ありがとうございました!

私自身への関連性と、親近感もあり 

ここからは、私がガイドさんセッションをしながら、個人的に感じたことなど記事として書くコーナーです。

ふきのとう様のガイドさんは、その存在もメッセージも、私自身への関連性が比較的強いものでした。

まず、お送りしたご説明の中で「プレアデスのエネルギー」と書いていますが、プレアデスと一口に言っても色々なタイプの方がいらっしゃいます。

中でも、ふきのとう様のガイドさんは私のヘルパーチームのひとりであり、プレアデスの存在と認識している、「銀ちゃん(※私のつけたニックネーム)」と共通するエネルギーをお持ちだったのでした。

銀ちゃんについての紹介はこの記事の中にあります。
ヘルパー存在紹介(覚書用)

beats-and-love.hatenablog.com

イラストから感じ取っていただければうれしいのですが、ふきのとう様のガイドさんも、銀ちゃんも、とても優しいエネルギーで、白色や白銀色を基調とした色合いが特徴です。

ですから、あえてこの絵では、線にもその色を使用して描きました。
私が受け取っている独特の印象を再現できたと思います。

それから、体型がほっそりしているという点も共通の特徴でした。
人間と似てはいますが、お顔や体のラインなど、ちょっと感じが違うのです。

私はこれまで、銀ちゃんの記事をいくつか書いていますが、イラストにしたためたことはこの1度だけだったので、↓

f:id:beats-and-love:20180116075336p:plain

そしてこの絵は、初めて銀ちゃんを認識したときにブログ用にメモとしてさっと描いただけで、銀ちゃんの持っている雰囲気を表すにはほど遠いものでしたので(いつか描き直さねばとずっと思っていました)、

今回このように、少し似た雰囲気を持つふきのとう様のガイドさんを描かせていただいたことは、親近感を覚えつつ、癒される体験になりました。

メッセージにも、シンクロ!

さらに、ふきのとう様のガイドさんのメッセージは私自身のタイミング的にも考えさせられるものでした。

特に、「場所という幻想から自由になり」という部分。

私はご存知のように、活動拠点を移すところです。
そして私にとって、今回の移動は「通過点」であり、将来的にはさらに移動することが念頭にあります。何年かは同じところにいて、そんなにすぐには動かない予定ですけれども。

自分の中にぼんやりあるそういった未来のヴィジョンを追っていくとき、気になるのは自分にとって大切な人々の存在です。
家族や親しい友達と、滅多に会えないほど離れ離れにはなりたくない。
その発想からは、「自由に」移動していくことを躊躇する気持ちも生まれます。

と、同時に、私は「場所の幻想性」も実体験しています。たとえば、

夢の中で会い続けている、この現実にはいない仲間たち。
親しい存在、愛する面々。
この現実に属していない者たちとでさえ、今も繋がっていることを知っています。

それを考えると、同じ地球、同じ時代に生きているのだから。
場所なんて、たいした問題じゃないなぁ。

とも、思います。

そんな風にこの先の可能性を吟味していた私は、メッセージにシンクロを感じたのでした。

I LOVE ガイドさんの世界

ここ最近は、創作という概念そのものについて色々思うところがあり、記事でも「ガイドさんの絵とメッセージ」セッションをしながら気づいたことを赤裸々に語りつつ、自己内の物事の見直しをしていました。

その発見は、さらに続いている最中でもあります。

刻々と移り変わる自己。
自分の内側で「現在」何が起きているかをを認めていく作業は、チャレンジングなこともありますが、ずっと変わらない思いがひとつあって、それは、

「夢の世界しかり、私が交流している『この世とは異なる次元の存在たち』を、心から愛している」ということです。

彼らへの愛しさは、こうして形にしない限り、この現実で他者と共有することができません。

私たちが今「現実」と信じてフォーカスしているこの世界、ここも大切です。
でも同様に、あなたが認識していない世界での活動の息吹も、感じていただけたら。

「この世だけの合意、それに基づく狭い視点で考えていたら先が見えなくなっていたこと」、「自分を見失いそうになること」も、違った目で眺めることができるかもしれません。

私の提供する全てのメニューにその目的があるのですが、
「ガイドさんの絵とメッセージ」を通しても、より広大なあなたという存在に、気づいていただければ幸いです。


スピリチュアルカウンセリングその他メニュー

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.