BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「ごきぶりは都会の虫だと母は言う・私の黒ごき試験の結果」noteで読めます

noteに「ごきぶりは都会の虫だと母は言う・私の黒ごき試験の結果」を公開しました。

note.com

<目次>
◇名前を付けても好きになれなかった思い出
◇洒落た、都会の虫!?(母)
◇ごきぶりがお高くとまっている!?(母)
◇いなごの料理を「気持ち悪い」と言われて(母)
◇私の今回の「黒ごき試験」の結果は? 体験を通して感じたこと、自分をどう見つめたか

前回の記事「黒ごきへの微妙な対応【全生物に I love you】」の続きであると同時に、別の側面からの語り口もふんだんに入れている今回。

ずいぶん前にnoteの記事にしようとメモしていた内容(母が語ったエピソード)がこの記事に挿入できたりして、こんな些細なことにもパズルのピースがはまるようなふさわしい時と場所があるのねと不思議な気持ちです。
その話題をずっと記事に仕上げなかったにも関わらず、メモは取っておいていたことなども。
詳しくは本文をお読みください。

多くの人が経験したことがあるであろう虫、ごきぶりにまつわるエッセイとしても(幼少期からごきぶりを体験していた私の視点とは異なる立場の、母の視点も面白いですよ)、
あらゆる生き物との「調和」って何だろうと考える人にも、

さらには、私にはまだできていない部分も含めて、生き物との接し方やテレパシーコミュニケーション(アニマルコミュニケーション)のトピック・アイディアにふれていますし、
今回も例外なく、日常の体験・出来事を通して、今の私の等身大がどんなものなのかを見つめています。

あなたのありたいあり方に対しても、思いを馳せていただければ。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.