BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

他人の目を気にしてる?素直な心地よさを認めること。

昨日メモっておいた記事は、少し熟成期間が必要そうなので、

まだ寝かせることにして…

実生活の中での話題から、気付いたことをシェアいたします。

11月末あたりから、ぼちぼち話題にしていた髪の話なのですが。


私は、ブログのおかげで、記事を書いた後、

見えてなかった自分の心
に、気づくことも多いです。


誰かが読んでくれている、読んでくれていないに関わらず、

他者を想定して、他者に向かって書くことで、

ようやく見えることがある、ということなんです。


「なんとなく…」
のつもりでネタにしたり、書いた一文であっても、

「あっ、そうか…!私はこう思っていたんだ」と気がついたり、

アップした後で何かが引っかかって、

「なぜ、私は、ああいう言葉を入れたのか?」

……それについて意識の中で、自問する時間をとってみることで、

ようやく自分が何をしていたか、その意図を自覚できることも多いんです。

たとえば髪の話題にしても、

どれだけ自分を知らないんだろ~と、苦笑したくなりますが、

もはや、私にとって、美容室に行くことは負担

けっこう、苦手なこと 
だったみたいです!!


それが、旧イメージ

(=昔の、ひんぱんに美容室に行っては、ころころ髪型を変えていた自分)

の印象のまま、アップデイトされていなかったんですね。


思えば、こういう変化も、

スピリチュアルな感性や、自覚が発達した時期とかぶるものがあるので、

一般的な基準より敏感になってしまったのかな、という気もしますが、

そんなことはともかく、誇張なく、

それまで大丈夫だったパーマ液や整髪剤などに、

すごく具合が悪くなるようになってしまったし、

そうやって手を入れて、

色々と髪をいじることが、私は、あまり楽しくなくなってしまいました。

化粧品とかも同様に、負担になりました。


それだけだったら、素直にただ、

そうなった新しい自分の感覚に、従えばいいと思うんです。
バラ


でも、どこかで私は、葛藤してしまっていました。


「女性なのに…そういうことに関心がもてなくなるのって、まずいんじゃないか。

容姿の美や、お手入れに、もっと興味を持たないと、ダメなんじゃないか。」

と、思っていたんですよね。

(私の周囲には、女性についてそういう価値観の人が多くいました。)


自分の心地よさを基準にした、自分なりの興味はちゃんとあるけれど、

そうではなく、ここで気にしているのは、他人の目を気にして、だけの話。

世の中に私ひとりだったら、

そういうごちゃごちゃはぜーんぶなくなるわ!ということ(笑)


で、先日は、そういうことに気づかないまま、

なかば自分を押すようにして、美容院へ行ってきたのですが。


髪の手入れとともにすっきりするはずが、心は晴れず。

とても疲れました。_| ̄|○lll


なにせ、さっき書いたようなことを自覚する前だったので、

「直毛の私は、パーマで動きを出した方がよい」という、

以前聞いた美容師さんのおすすめに従い、今回もパーマをかけたのですが、

やはりパーマ液で激しく具合が悪くなり(汗)、

(↑これは毎回、体験すると思い出すのだけど、

ふたたび体験するまで、そこまでだということをすっかり忘れているんです!)


なぜか美容室に入って着席したとたん、

原因不明のセキが出て止まらず

気を遣ったお店の方から、のど飴をいただいたり(汗)、

(終了して、お店を出てからは、ぴったりおさまりました。)


家に帰ってきて、できあがった髪型を見て、

自分の苦手なポイントや心地よくないところも発見、

美容師さんとうまくコミュニケーションできてなかったんだなぁ……

伝わらなかったんだなぁ……
と、知ったり。


私は、たとえば、「もう少し短くしてほしい」と希望を言っても、

相手に強めに反論されると、希望を言い続けることができなくなることがあるんです。

相手はプロなので、私が間違っているかな…みたいな気分になってしまうのもある。

(この髪とともに生活するのは私だから、

自分の感覚を言ってもいいと思うのですが、そのときはくじけます。)


今回は、それでも、

あきらかに「無理!」な点に関しては、しばらくした後に改めて、

「個人の好みなのでお願いします。」

と主張して手を入れてもらったのですけど、

それ以外は主張するのが負担で、やはり黙ってしまいました。


結局、そうなったらそうなったで本当にこだわらない、

平気になれちゃう人間であるならいいのだけど、

私のように、やっぱり気になったり、

後々まで心地よくないことが負担になったりする人は、

自分の心地よさをはっきりと知り、それを実行・実現する練習

が必要だなぁ~と、思うんです。


どちらか、ですよね。

心から、相手がそう言うなら、これでいい!と思えたらそれでOKだし。

思えないなら、最初から自分の主張をはっきり持っておいて、曲げないこと。

私は、「ダメな結果」を消去法で見るまで、ヴィジョン・意図も曖昧でした。


人それぞれ、「良いと思うこと」は違いますよね。

同じように言葉を使っていても、

脳内のイメージを見せ合うことでもできなければ、

同一の言語や表現を使っていても、

それぞれまったく違うイメージを描いていることだってある。


外見のイメージひとつにしたって、

「これがいい。好き。」と、他人が思うことと、

本人が、「これが心地いい。好き。」

と、思うことが、違っているときもあります。


たまーに、そういう感覚がぴったりくる人を見つけることもありますが、

それは本当に幸運というか、まれなことで、

基本的には、自分の感覚を説明するスキルは必要だと思いますね。


美容室に関しては、今後、

苦手なら苦手でいいよ、と、

苦手でいることを自分にゆるしてあげようと思いまーす。


★スピリチュアル・カウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)

個人セッションについて

お申込みのご案内

ランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします。

精神世界ランキング

ありがとうございます☆よい週末を♪

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.