BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

量子論、魔法少女まどか☆マギカ、パラレルワールド

こんにちは~(*。・ω・)ノ ☆


「ヴォイド抜けました☆」と言いつつ、

何かまだ、再編成が終わっていないぞ的な空白感のある
vanillatreeです。


そんなわけで、いつものようにスカッと記事が降りてきません。溜息


とはいえ、昨日おとといあたりからインスピレーションを受けていたこと…

複数の中に、あるテーマが交差しているので、

「これを書きたいというわけね?」と、おぼろげながら掴むことができました(笑)


タイトルは、

量子論魔法少女まどか☆マギカパラレルワールドです。


つらつらと書いてみますので、お茶でも淹れてゆったり読んでくださいな


☆☆☆


昨日、「歴史はひとつだけじゃない」という記事をアップしたわけですが。


今では、当たり前のように

「パラレル(並行現実)」の概念をお伝えしている私ですが、

最初、外の情報としてではなく、自分の内からそのことに気づいたときは、

やはり驚きがありました。汗☆



夢の世界を含めた、自分の数々の体験やインスピレーション、

内側からくる情報、直観、すべてがそれを指し示していましたが、


「自分が今まで信じていた現実になじんでいたい頭」の部分は、揺れましたね~。


たとえば、ある時代の有名な武将がいます。

その人がどのように人生を終えたか、その死については、

歴史の研究によると、いくつかの説があったとしましょう。


現実の正解はひとつだと思うでしょ?


ところがところが…


私が目にしたのは、その本人(武将)が、


「私は、○○で、亡くなったのである。」

「私は、△△で、亡くなったのである。」

「私は、□□で、亡くなったのである…」


いくつものヴァージョンとしてそれぞれの本人が存在しており、

どのヴァージョンの武将も、

自分が正真正銘のその人であると認識している様子。


そして、それぞれが自分の死の顛末を語りかけてきたのです。



パラレルとは、そういうことなのか!え゛!


と、びっくりすると同時に、そんなのって一体!?と、動揺しましたよ。



これは一例ですが、もちろん、自分自身の、この人生のパラレルの様子を、

垣間見たこともあります。ぺこ


それはちょっと奇妙なもので、私なのだがちょっと違う私…

辿った人生の内容が違うというだけでなく、外見も微妙に違っていたり…


似ているけれども世界がまるごと違う
 という感じでした。



ちなみに、私がお伝えしているパラレル(並行現実)は、それでも、

互いにネットワークでつながっているし(それぞれが孤立しているとは言えない)

結局、選んでいるのは「自分」なので、


量子論に出てくるエヴェレットの「多世界解釈」とは、

少し違うことになるのかもしれません。


そう…量子論も、ここしばらく流れてきていたキーでした。


「粒子&意識」という記事のとき、たまごさん量子力学を、

引き合いに出しながらコメントをくださったりもして。


じつはその前から、ちょくちょく、

私の現実にその気配があらわれていたのですが。


ついにこの間、古い本を引っ張り出してきました。


☆「量子論」を楽しむ本☆

「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫)
佐藤 勝彦
4569573908


この本と、同著者の同シリーズの、相対性理論を楽しむ本」の2冊は、

私が大学生だった頃から、友人から借りたままで持っているのです。苦笑


その友人は、昔ブログ記事にも登場したことのある、

理系大学に進んだ、高校時代からの同級生なのですが…。


彼女が当時、2冊セットで「おもしろいよ」と言って貸してくれ、

それから何度も、「読み終わったから返そう」と思って、

彼女と会う日に持参したのですが、


渡そうとしたら

「今日は荷物が重いから、また今度でいい?」と言われたり、

なんだかんだのいきさつで、何年も返却できないままに。


今になっても私の手もとにあるという、不思議な本です。



このような経緯をたどって、

その当時から、量子論にはまぁ一応、なじんでいたわけですね。


その後、自分の興味でもっと他の本を読んだりもしましたが、

きっかけは、この本です。


この本はとてもわかりやすく書いてあるので、初心者でも楽しんで読めますよ。

ただ、もう古い本になってしまっているので、

最先端の情報は含まれていないことになりますが。



私は必ずしも、自分が直観的・感覚的に理解していることを、

「科学的に証明したい」という気持ちはないのですが、

それでも、こんな文章を読み返すとうれしくなってしまいます。

(その理論の中身や根拠は、自分の考えと一致するとは限りませんが。)↓


『概念的または哲学的な意味での「無・ゼロ」は、

物理的にあり得ないということも、量子論が明らかにした真実の一つです。』

(237ページより引用)



精神世界・スピリチュアルの分野の中でも、

私は「無」という用語の使われ方が、すごーく気になるたちなので。


日常の知覚で認識できない=「無」とすることは、ツッコミどころ満載!

と、感じています。


ブログではものすごく初期のころ、

「空(くう)について」

「空(くう)について、補足☆」

という2つの記事で、そのことを説明しました。


今ではこれら2つの記事も、もっと違う書き方ができそうだけど、

未読の方で興味のある方は、とりあえず読んでみてくださいな♪


「粒子&意識」の記事にも書きましたけれど、


空間(何もないように見えるところ)にも、わらわらわら~って、

粒子が隙間なく点滅していますからねぇ。星


「無」っていう言葉の表現は慎重に、ですよ。


☆☆☆


話を戻して…


この古い本をぱらぱら読み返していて、先述の、

エヴァレットの「多世界解釈の記述があることに気づきました。


読んだ当時は、すごくSFみたいな印象を受けていたんだったな…。


本の中では「多世界解釈」について、こんな記述もあります。↓


『…たとえば、「次の曲がり角を右折した自分がいる世界」と

「左折した自分がいる世界」というように。

そして枝分かれした「私の分身」はそれぞれが

「この私は唯一の自分であり、この世界は唯一の世界である」

と思うのです。』
(208ページより引用)



まさにね。

日常の私たちもそうだし、先述の「武将さん」のお話も思い出してください。



私は科学畑の人間ではないですし、

自分の体験を量子論に閉じ込めようとか、フィットさせようとは思いませんが、

逆に、量子論を知ることが、力添えになってくれたことが多々ありました。


そういえば昨日も、電車の中で「電光掲示板」を見ていて、


「あ~、やっぱり文字が流れて動いていくように見えるよなぁ。

光の粒の点滅なのになぁ」

なんて、じっと見入ってしまい、同時に周囲の景色を見まわして、


この世界を体験できるのって、やっぱり、すごい奇跡!!♪♪

なんて、わくわくしていました(笑)バラ



そんなこんなでタイムリーな「量子論」の話題だったわけですが、

もうひとつ、同時期に私の中に流れ込んできていた情報がこちらなんです(*^▽^*) ↓


☆劇場版「魔法少女まどか☆マギカ~叛逆の物語~」☆

公式サイトへのリンクはこちら



私は、家にテレビも置いていないし、

アニメは長年、ほとんど見ていません。テレビ


ところが、「魔法少女まどか☆マギカ」だけは、

テレビ放映された後の話題がきっかけで知り、

興味を持ってネットで全部の回を見ました。


絵柄やアニメの調子は、あまり趣味じゃないのですが、

それでも、このアニメの世界観はすごいな~!と感心しました。キラキラ



まず、ストーリーがすごい。

登場する「魔女」のデザインも独特ですごい。音楽も合ってるし。

絵柄を裏切る、展開もすごい(笑)


主人公である鹿目まどかが、最後の最後までぐずぐずとしていて、

揺らいでいるのもいいし…


ふつうの魔法少女ものではかわゆい味方になりそうな、

キュウべえ」の役どころもすごい(笑)


キュウべえって、私的には、「リアリティ・トランサーフィンシリーズ」の、

「振り子の概念」をキャラクター化したらこうなるって感じがします…(笑)


※本は、サイドバーの「vanillatreeおすすめ☆」の中にありますよ♪


私はアニメの世界観の詳細に共感できるわけではありませんが、

なかなか、面白いポイントを色々と表現している、

完成度の高い作品だなって思いました!


テレビシリーズの最終回の締めくくり方もすごくて、

ここでは、あきらかに「次元・階層」の概念が生かされていますね。

なるほど、そう来たか~!という感じ。芽


あと、このアニメは、パラレルワールドを受け入れているのが大前提です。


こういう作品が創られていて、その上、とても人気があるということは、

時代はもう、その概念を把握できる人が沢山いるということなんだなぁ~

と、感じずにはいられません。



テレビシリーズをまとめた内容となっている劇場版の前作につづき、

劇場版二作目として上映されたのが、「叛逆の物語」


私はこちらをまだ、見ていないのですが、

今回のインスピレーションにしたがって、熱心に情報集めをしてしまい…


ネットの情報やあらすじなどを拾い集めただけで、

ストーリーはほとんど把握してしまいましたので、それを前提に書いてます(^^ゞ


これがまた、色々と「!」だったんです。



前作から、「時を操ることのできる少女」、ほむらちゃんがいるのですが。

私は、彼女にかなり、共感できるところがありまして。


それは、ほむらちゃんの性格とかじゃなくて、

同じ時間を何度も行ったり来たりして、

起こった展開の「やり直し」もできるというところ。


自分の夢の中ではよく、そういう行為や、シーンを見ていました。

いくつかの過去記事でもふれましたが…。


なので、彼女のしていることは、私には絵空事ではなく、

リアルな感覚で、よくわかるんです。



前作でも今作でも、ほむらちゃんの役どころって、

主人公のまどかと同じくらい大切というか、

全編を通して、対になる主役、陰の主役という感じがしています。


今作ではある事情があって、彼女の意識による「仮想空間」があって…

そこに、引き込まれている登場人物たちがいて…


などなど、興味深い点が、満載。


うーん、これって、ある意味では、今の現実も似たようなものだよなぁ…

などと考えて、このアニメの着眼点の鋭さにドッキリしました。



これ以上内容を書くのは、

まだ見たわけでもない上に、ネタバレにもなるので控えますが、

今作から思うのは、結局、あの世界に本当に平衡をもたらしたのって、

まどかではなくほむらちゃんなんじゃないか?なんて、私は感じました。


いや、まどかがいて、まどかのしたことがまずあって、

それを完成させるのが、実は、ほむらちゃん。

彼女がいなければ、成り立たないよね、って。


正確にはどっちが先とか、後とかって言えないのだけど、

互いが互いの因果になっているというか、

ふたりでひとつのものを作っているというか、太極図みたいな…。



もし、これで、「自己犠牲」とか「必要悪」の観念が関わっていないままで、

こういうテーマを織り込んだ物語ができていたら、それこそすごいんだけどなぁ~


なんて、私は思いましたよ。^^



興味が出てきた人は、前の作品から見てみてね☆


それでは今日は、これで~。(*^∇^*)ノばいばい



★vanillatreeのスピリチュアルカウンセリングはこちらからハート
「個人セッションのご案内」


今日もご訪問ありがとう♪
クリックもどうぞよろしくね☆

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ



どうもありがとうございます音符

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.