BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

服従癖から自由になろう!

こんばんは♪

今回のテーマは、「服従癖から自由になろう!」です。


本題に入る前に、昨日の記事、

「それはあなたへのメッセージ(コメント欄閉鎖について)」

の中で補足をした箇所がありますので、先にふれておきますね。芽


記事の後半に、

『一方、スピリチュアルカウンセリングの現場の中では、

お客様がどう感じ、どう思うかを受け取ることが不可欠です。

質問があれば、その場でお答えします。

そこで生まれる流れは、お客様と私との「コラボレーション」になります。

参加者のコラボレーションという意味では、講座の現場もそうですね。』


という部分があります。

はじめはこの部分をまとめて、もっと短く表現してしまっていたのですが、

より正確にお伝えできるよう補足を致しました。


なお、該当記事の続きにある、

「あなた自身へのメッセージ」について説明をした箇所は、

今回テーマのイントロ(導入)にもなっています。


話題の対象にしたのは当ブログ記事のこと、そして、

私という書き手への「コメントやメッセージ」についてですが、

実は、同じことが現実のどんな場面でも言えるのです。


 


それでは本題☆


「服従癖から自由になろう!」ですが、

あなたは自分に「服従する癖」があるなんて、思っていないかもしれません。


確かに、あまりこのテーマが問題にならない人もいます。


でも、もしあなたが、何かを断ることが苦手だったり、

ノーということが負担だったり、

“期待されることが嫌だ、怖い”という感覚があったら…

このテーマを省みることはきっと役に立つはずです。



◇言われたことは、嫌でもしなきゃいけないと思ってる!

◇人の言うことを聞かないと、罪悪感がある!

◇何かをすすめられたとき、断るのがすごく苦手!

◇なるべくノーと言わずにぼかしたい!


思い当たることはありますか?


これらを、「そんな性格なんだよね~苦笑」で誤魔化さずに、

根本を見てみると、

「自分の感じていることや気持ちを、そのまま外へ表すことへの恐れ」

があるということがわかります。うああん


なぜなのでしょうか?


親が厳しかったから…否定されて育ったから…○○の辛い経験があって…

思い当たるかもしれない過去は、どれも本当の「因」ではありません。


本当の因は、あなたの「今、信じていること」の中にあります。↓


◇決定権が自分にないと思っている。

◇外に「絶対の正しさ」があるかもしれないと思っている。

◇自分にとって不必要なことは、誰かの許可を得なくとも、

単に自分で判断して手放していいのだと思えない。

◇期待されたらちゃんと応えなければならないと思っている。


「そこに自分の意思は関係ない!」


これが「因」です。星


自分が、自分の意思を尊重していないのです。

自分の感じることは、「自分にとっては意味があるのだ」という、

その正当性を信頼していません。

だから、自分の思いを大切にしません。自信がありません。


すると、「服従癖のある人」になってしまうのです。


なお、精神世界・スピリチュアルの分野に興味がある方は、

日常生活で周囲にいる他者の存在だけでなく、

「神や“ハイヤーセルフ”、○○という霊的存在、異星人、教義や教師」等も、

服従の対象に含めてしまうことがあるので注意が必要です。



服従癖があると、

違う意見を持ってもいいのだと思えなかったり、

自分の素直な思い・考えを「変えたり消したりしなければならない」と努めたり、

誰かと違う感じ方や意見をそのまま持っているためには、

「相手に認めてもらう」必要があると信じて、そのために闘うことがあります。


また、日常の中で、誰かが深い意図はなく……、


「それなら、○○に行くのがおすすめだよ~」

「こうしたらいいんじゃない?」

などの声かけや提案
をしたとします。「ハイっ」の手


すると、服従癖のある人は、それだけでも居心地悪くなってしまいます。あせ

それをも、「断ってはいけない!」と考え始めるからです。


そして、

自ら断ったり、単にそれを無視することのやましさを回避するために、

「そこには行くかもしれないし、行かないかもしれないけど、いい!?」

と前もって相手に確認したり、

沈鬱な表情で(あるいは無理な笑顔で)、

「そうだね、それも考えてみよう…かな」とか、「興味はあるかも!」

などと、本心と裏腹に、とりあえず答えたり……。


相手の元々の思いや意図そのものはさておいて、何か言われたらもう、

その通りに行動したり考えたりするよう「期待されている!」と重く感じる
のが、

服従癖のある人の特徴なのです。



また、この状態にあると、「受け取ること」も苦手になってしまいます。

人は、それぞれ色々な感性や価値観を持っていますから、

あなたのもとに届くものを、いつもあなたが「好き・気に入る」とは限りません。

それは、「品物」でも、形のない親切などの「思い、行為」でもそうです。


「いらない」が言えなかったり、

もらっても自分に不必要なら自由に手放してもいいのだと思えないと、

「受け取る」こともまた、苦になります。負担になります。



「服従癖」の色々な特徴をあげましたが、

私自身、その傾向を身をもって経験したからこそ書けるのです。



服従癖から自由になるには、

あなたが、あなた自身へと関心を向けるほか、ありません。sky*


あなたが何を感じているか、どう思っているか、どうしたいのか…


そこに無関心でいる限り、あなたは外に指示を見つけ、正解を見つけ、

「それに服従する人」で居続けることになってしまいます。


一方、

あなた自身の内面へ注意を向け、そこにあるものをそのまま認めると、


外に現れる様々なインストラクション(教えや助言)、

各人の異なる意見や感性、感覚をも、「自分を知るための道しるべ」として、

あなた独自の意思に沿う形で使うことができます。



あなたの必要なものを選んで活用し、楽しむことができるんですよ。キラキラ☆



2つのブログランキングに登録中☆
1日1回のクリックで応援してね♪


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.