BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

自分の世界を変える

今日は、「自分の世界を変える」というお話です。

「自分を変える」ではないことに、注意してください。

 

あなたの意識、心の世界は、あなたが変えることのできる世界です。

でも、外に見える現実の「源」として、そこにストレートに目を向けることを、

当たり前に思える人はどれだけいるでしょうか。

それよりも、
「外の世界を変えようとする闘い」に挑むことの方が、

現実に違いを生み、実りをもたらすという錯覚を起こしていませんか。


もしそうであれば、エネルギーを自分の中心に戻すことをおすすめします。

なぜなら、

「外に見えるものを映し出している映写機はどこにあるか?」

を忘れているからです。


映写機は、あなたの中にあります。


あなたの中にある世界、

あなたの意識が何を描き出しているか、

何を信じ、何を外へと投げかけているのか。

その内容を見ることが大切です。

(因はかならず意識にあり、結果は外の事象としてあらわれます。)


たとえば、あなたの心の中に、もし、

「ふれられたら痛い傷」や「踏まれたら爆発する地雷」があるなら、

絶対にそこにふれない人を探したり、そういう世界を求めたり、

外側に自分の「望む取り扱い方」を強いるのは、根本解決にならないとわかるでしょう。


私たちはときどき、幻想にはまってしまうことがあります。 

自分に都合のいい形で、自分を絶対に傷つけない、優しい相手や世界を探す。

理想の現実や人間を「探し続ける旅」をしてしまうことがあるのです。


でも、そのときに気づいていないのは、

自分を傷つけているのはいつでも、他者でなく自分自身だということです。


あなたの心の中に痛みがあるとき、

あなたの「痛いところ」を直視させてくれる他者、あるいは状況が現れます。

そのときに必要なのは、外側(現実)と闘うことではなく、

自分の内側に、そのような痛みを生むどんな「観念」をもっているのか、

点検をすることです。



それらの感情や思いを生じさせる、根本にある「思い込み」は何でしょうか?

そのとき、一体どんなことを真実だと信じてしまっているのでしょうか。


まずは、内側に描かれている「自分の世界」、そこにこそ、

あなたを苦しめている「エラー」があるということを自覚することです。


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申し込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.