BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

自然界のバランス

今朝ひさしぶりに、種ありの柿に出会いました。


 141117_0555~02.jpg

種の中に、ちゃんと発芽できる芽がしまわれてますね!

うちでは、パートナーが柿好きなので、シーズンになるとよく柿を買います。

種類にこだわりはなくて、適当に、複数の種類の柿を買っているのですが、

スーパーでも八百屋さんでも、このあたりではいつのまにか、

種なしの柿ばかりが並んでいるということに私は気がつきました。


種があっても、食べるときには外して捨ててしまうのですが、

そうはいっても…

「種なし」の果物ばかりを見かけるようになると、

なんだか植物に申し訳ないような、大丈夫かなという気持ちになります。

写真と同じ種類の柿も、今まで買ったのは全部、種なしの状態でした。


なので今朝、ナイフを入れたときに、

がつん

と固い手ごたえがあって、「もしや!?」とうれしかったのです。


種を眺めていると、私は生命力を実感します。

昔は、人間や動物が食べ終わって、ポイと捨てた種が、

うまいこと土に埋まって、発芽したりもしたんだろうね、
とも、想像しました。 

この間、カラスのことを記事にしましたが、

カラスには、採食した後、いくらかを土の中に埋めるという習性があります。

貯食、と言いますよね。

私が子供の頃飼っていたリスもそうでした。

ケージの中でも、食べる分のほかに食物を隅っこに運んで、

床に敷いていた広告の紙などをちぎって、両手でかさかさかさっと、

食物の上にかぶせて隠すのです。落ち葉や土をかける代わりです。

これが自然界なら、どんぐりや果物などの実が、こうして、

動物たちによってちょうどよく埋めてもらえることになります。

そのうちのいくつかは、掘り返されずに忘れられ、

土から芽が出るというわけです。


便利であることや都合がいいこと、

そればかりを追求していると…

自然界の「大きな視点」を忘れてしまいます。

誰にとって便利なの? 誰にとって都合がいいの?

そして、それは本当に、大きな視野で見たときにも、私たちに都合がいいの?

今朝の柿を見ながら、考えていたことです。

この記事のトピックについては、後に調べてわかったこと、訂正や補足を説明した記事が2つあります!

「種、いろいろ」

beats-and-love.hatenablog.com

「種食いと、自然の法則」

beats-and-love.hatenablog.com

★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.