BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

想像のありのままと本当のありのまま

こんにちは。

150113_1308~01.jpg 
色んなお花や植物であふれるガーデンにいたスズメさん♪

今回のテーマは「想像のありのままと本当のありのまま」

「ありのまま」という言葉の意味するところについては、

過去にも何度かブログ記事で取り上げましたが、

今日は、また違ったアプローチでお話しします。

☆☆☆

スピリチュアル・精神世界に関心がある人も、

そうでない人も、「ありのまま」を意識することが多くなりました。


その一方で、「ありのまま」にもイメージを着せてしまうことがあります。

想像していた「ありのままの私はこんな人!」と、

本当のありのままの自分とが、ずれていることがあるのです。


シンプルにいえば、自分の本当の気持ちに気がついていない、

ということなんです。

ありのままの私で生きていたら、きっとこんな風だろう、と思い描く姿が、

本心に「足したり」「引いたり」されていなければいいのですが、

はたして、現在の自分の本心をそのまま反映しているでしょうか?


たとえば、です。

婚活、妊活、がんばってます!

仕事で昇進したいです!成功したいです!

結婚したいから。出産したいから。今の仕事で成功したいから…
…など、「これが、ありのままの素直な私である!」と思って、

人生を生きていたとします。

ところが、その過程がなんだか、苦しい。重い。楽しくない。


そんなときには、その人の「ありのまま」は、

自分以外の誰かの教えた「型」を採用し、信じてしまった錯覚かもしれません。


ありのままの自分を生きているとき、

未来の望みや目標があったとしても、

その過程もやはり、充実しているのです。※

(※チャレンジがないという意味ではありません。)

叶うか、叶わないか、達成されるか、されないか…、

そんな結果よりも、その道を歩んでいることそのものが、楽しい。


一方で、自分の本心を見誤ったままに、

想像のありのままに沿って強引に生きてしまうと、

場合によっては、望んでいたものを手に入れたとしても、


そんな悩みが、あらためて生じてしまうことがあります。

先の例でいうなら、

もし、現在の自分の本当の気持ちに正直になったら、

実は、今はひとりが快適だったなぁ

子どものいる家庭を育むより別のライフスタイルに興味があるみたい

この仕事に縛られるのではなく、自由でいたいんだ…

ということがわかったとします。


その本心を、
想像上の自分の都合に合わせて打ち消すのではなく、

ただそのまま認めることができると、これまでは、

あたかも諸条件が邪魔しているように見えた、

自力では“ままならない”と思っていた現実の状況も、

自分の味方をしてくれていたのだとわかるのです。



「ありのまま」をよく見れば、

虹色が多色のグラデーションであるように、

あなたの色々な気持ちもグラデーションになっています。


各色の割合は様々ですが、一部を否定したり、見落としたりしてしまうと、

結果としては、自分に余計な負荷をかけることにもなるのです。


現在の本当のありのままを知って、

その全てを自分で受け入れると、負荷が取れますよ。
 

★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.