BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

非対応力、中心にある静けさ

今日のタイトルは、「非対応力、中心にある静けさ」

非対応力と言ってしまうと、本当は語弊があるのですけれど、

イメージを掴んでもらいやすいかなと思い、使っています。

150225_1636~02.jpg 

何かと「対応力」をのぞまれる場面が多く出てくる、私たちの人生です。

ですが、今回お話ししたいのは「非」対応力です。

これはどういう意味なのでしょうか。

これもまた、対応の仕方のひとつであり、実際には対応力ということになりますが。


一生懸命対処しているのに、うまくいかないことがあります。

全力で対応しているのに、望む結果にはるかに及ばないことがあります。


でも、そこで、「あぁやっぱり私は無力なんだ」と、定義づけしないでください。


そのように結論づけずに、

自分のエネルギー、目に見えない内面的な意識を、

どう使っているかを振り返ってみるのです。

内面こそが現実です。


もし自分の中に、「何かと対立している」とか、

「外に、敵や、悪いものがあって自分に向かってくる」というような観念があれば、

その観点からは、自分の行動がどんなに調和を生むためのものであっても、

根本解決にはいたりません。

内側で保持している観念に沿った「対立のエネルギー」、


「分離のエネルギー」が、効力を持ったままだからです。


「外」にあるものにどう対応するか…

その視点からでは、本当のところが見えていません。

「外」に見える事象も、自分の一部なのです。

自分の一部を切り離したり、何か恐ろしい「向かってくるもの」と捉えると、

常に自分の一部を信頼しないという状態になります。


…そうではなくて、必要なのは、

それ(外の世界や事象)は自分なので、“共に流れている”

という視点です。


「夢を見ている自分と、夢そのものを分けてしまう誤り」から抜けるのです。

この視点を持つと、私たちが何かに「対応する!」というときに、

反応をもとに自動的に対応していないかどうか、見分けがつくようになります。


自分と世界を分けたままのまどろみ状態による“反応”からは、

最善の対応をしたつもりでも、きっと限界を体験します。

なぜなら、

自分の観念がそれ(分けることによる限界)をつくっているからです。


そういった観念からは反応、行動しないという選択。

意識的な「非対応力」
を身につけることができます。


これを別な表現で言えば…

「ひとつのものである」という見方と同時に、逆説的に聞こえるかもしれませんが、

出来事・事象と、自分との間に、ワンクッション「距離」を挟めるということです。

夢を観察するように「眺める」ことができるということです。

そして、

考えつく(これまでの)選択肢が、どれも理想的でない場合には…

その中から選ばない、「対応しない(非対応)」

という選択肢もあるということが理解できます。

一方で、

自分にとっての本当の対応、答えとなるものを見つけた際には、

ふわ~っと抵抗が消えて自由な感じがします。

その感覚を、あなたも自分で必ずわかりますよ!


台風の中でも、嵐の中心部には静けさがあるように…

どんな状況のさなかでも、どんな世界を体験していても、

自分の心の奥の中心には、「静けさ」がある。


身をもってさまざまな体験をしながらも、

その静けさの中心から選択し、行動することができるということを、

私たちは、常に思い出すことができます。


ヒーリングも今回のお話と関連していますよー☆↓
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 

4月11日(土)14時~16時開催ワークショップのお知らせ

「セルフヒーリング講座」 

★受付終了しました★

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 

★スピリチュアルカウンセリング★

お申し込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.