BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

タイミングと調和

つい先日、面白いことがあって…

それは自発的に決めて、自ら行動をした出来事の結果なのでしたが。

仕事に全然関係ない私生活での体験なので、詳細の説明は省きますね。


それが、一般的に考えたら結果として「良い」結果が出たとは言えないし、

過去の自分の気持ちを思えば、「面白い」と言うのもどうかなと思うんだけど、

その出来事全体が、私はどうしても、じわじわと面白くなってきてしまって…。


内から湧いてくる反応を観察していると、

通常の成功・失敗の概念に沿って考えたときの、

色々な感想や感情は、もちろん出てくる
んです。そちらに気をやれば。

でも、そういった「ドラマ的な反応」の薄皮一枚の下に、

なんとも不思議な爽快感や、笑いたくなる感じ、フィット感があるんですね。


もはや結果の「形」によって何かをジャッジするよりも、リアルなのは、

「今」というポイントにある自分が調和しているのか、不調和の状態にあるのか。

私の場合は今回、その結果によって調和に向かったことが感じられたので、

「形」には関係なく、そんな反応があらわれたのでした。


これを読んでくださっているあなたも、あなた自身の意識を観察していくうちに、

現実にあらわれる出来事そのものよりも、「自分の反応の変化」について、

まずは気づくことがあるのではないでしょうか。


何かがあったとき、観念に沿って生み出すジャッジよりも、

自分の素直な反応、特に深いところの感覚を確かめると、

「そうだったのか!」と、読み取れることや思いがけない発見があるものです。


たとえば、決して喜べる事態とは思えないことに向き合ったとしても、

それを無理にポジティブに考えようとコントロールする必要すらなく、ただ、

「そうあるべきところに物事がおさまった感じ」がするときがありますよね。


ストン、と物事が調和のポジションへ落ち着く感じがするのです。

それまで干渉していた何らかのノイズや、余計な絡まりが解消されて、

エネルギーがすっきりする感じ。


そのとき、あなたがそれまでは「望んでいないと思っていた現実」も、

パズルの1ピースとしてちょうどよくフィットする
のを感じることができます。

(頑固に採用している観念からの「感情ドラマ」に入り込み過ぎていなければ…。)


色々な出来事を、あなたに対立してきているものとは捉えずに、

常にベストタイミングで、あなたに最適な反映をプレゼントしてくれる、

という風に眺めてみてください。

すると、これまでは起こりがちだった、

「何かを間違ってしまったと信じて、過去にエネルギーを送る行為」が止まって、

ある過去の延長上から「今」を組み立てようとするのではなく、

新鮮な「今」にいることができます。


と同時に、あることを「やってみなければ・経験しなければわからなかった」という、

あなた自身の気づきは、そのまま活用することができるでしょう。


2016年の末、ますます、

かつては自分にもあった「ドラマチックな反応」がだんだん消えてきたことに、

気づいている方もいらっしゃるでしょう。

これまで通り「演技」することは可能だけど、実は身が入っていない…という感じ。


それは、「こういうときにはこう反応すべき」、「これこれは、こういうことだ」、

などの定義が、あなたの中で次々と無効化されてきているから
です。


よりあなたがあなたらしくなっていく道筋に関しては、

心のセンサーがしっかり反応し続けるでしょうが、

その過程にある出来事の結果・状態については、「どうでもいい」

という感想が生まれることに、驚くかもしれません。


かつては、「出来事の結果・状態」こそが答え(価値を示すもの)であって、

それによってあなたの喜怒哀楽も生まれていた
のですが、

そのような「外から内という風に逆転していたサイクル」が元に戻るのです。

内から外へと。

自分の感じたい、生きたいエネルギーを、まず、あなたが創造する。


そして、出来事や結果をコントロールしたい、望む方向に持っていきたい

という部分へのフォーカスは、自然と外れていくのです。

あなたの仕事をする場所は、そこではないから!です。


私もこのタイミングで、これまでになかった新境地の見渡せる、

とても良い位置に立てた気がします。


人生には、様々な出来事による揺さぶりがあるからこそ、

自分自身の内面的な変化も実感できるのだなぁ
、とわかりました。

意識が反映される現実というシステム、「人生映画」に感謝ですね!


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.