読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

地球の歴史と宇宙種族

うちゅうじんず・あい

こんばんは☆


きのうは、朝、夜と2つの記事をアップしていたのですけど、

1つめは映画の感想の続きで、AI(人工知能への見方を書いたのです。


記事はこちら☆「続・もうひとつの解釈」



さっき、パソコンを開いてふとヤフーニュースを見たら、

ホーキング博士のAI警告 波紋」

という見出しがあって…


中身も読んだのですけど、AIの危険を予測しているみたいですね。



私は、映画トランセンデンスの感想記事(1つめ)にも書いたように、

テクノロジーが発展しても、それを使う人間の意識が追い付いていないと…

ということは思いますが、


きのうの記事で述べたように、結局、そのAIの動き、方向性というのは、

それを使っている人間の意識の反映になると思います。


要するに、機械自体が自己編成して暴走する、と考えるのは違うかなぁと。



まぁでも、昨日の今日だったので、注目してしまったニュースでした。え゛!


ニュースの中では、まだ先の話…とする意見もあったようですが、

それだけ、実現化に向けて動いてもいるということなんでしょうね。


☆☆☆


こちらは、昨日の朝の日の出の時間帯の写真ですよ~。

 


上空の雲にズーム☆

 
細い糸をなびかせ牽引しているみたいな雲があって、かわいかったです。



さて、本題の、「地球の歴史と宇宙種族」なのですが。


ここのところ、以前よりもずっと、

こういう話をもっと書かなければ…

という内なる動きを感じ続けていて。


それがまた、自分にとっては面白くもあるんですよ(笑)



というのも、私にはこういった精神世界の分野と関わる以前から、

幼少の頃から地球以外にも色々な存在があるということは明白でした。

(自分の中では、という意味ですよ。)

ある、ない、とかの問題ですらない感じです。



ただ、このブログにおいては、

テーマ別「うちゅうじんず・あい」というカテゴリは作ってありますけれども、

まぁそんなに具体的にあれこれと話さなくてもいいんじゃないか、


それよりも、日常の中で意識をどう使うかとか、

自分の心をいかに見つめて理解していくかとか、

そちらを中心にするように、ある程度気をつけてもいたんですよね。


私たちは今地球人の体験をしていて、その日常を経験することが大切ですから。


※ただ、意識を拡大していくと、どうしても「この日常」だけでない、

自分の多次元的要素に気づいてしまいます。どっちも「無関係」ではない。




ところが、具体的にいつから…とは言えないのですが、


「ときが来た」

じゃないですけど(;´▽`A``

そういった情報を外に出す「高まり」を感じているのです。



同時に、自分の中の記憶や、ときには漠然とした感覚だけだったものが、

具体的な情報としてぐんと実感できるようになってきて…。

繋がる、統合される、と言いますか。


私の基本姿勢として、自分が半信半疑なもの、

「情報として知識では知っているけど、実感していないもの」

これは、記事にして発信したくないのですよ。


そういう情報は、予備知識として載せるとしても、

「私にはまだわかりませんが…」などの前置きをつけて区別しています。


また、いくら自分の記憶にあるからといって、

内的感覚の上で「GOサイン」が出てないものは書かない…

というのも大事にしているので、



ここのところ、地球外生命についての

より具体的な情報を載せるようになったのは、実は大きな変化なのです。



ブログを続けていくにあたって、いちじは、うちゅうじんず・あいのカテゴリを、

もうなくしてもいいかなぁ…くらいの気持ちにまでなったんですよ。


ところがセッションでも、

地球外の文明との繋がりがあることを実感している方、


それも、ご本人はとても控えめにそれを認識されていて、

最初からそういう話をするわけではないのですが、流れでその情報が出てくる


そんな機会に対面し続けてヽ(゜▽゜)ノ 、今に至ります。



以前、シリウスに関連する夢をきっかけに、考察した記事を書きました。


これについては、その後に、

「宇宙のお話、人類の種」

「宇宙種族とサイン…答え合わせ、きた!」


…これらに書いた気づきを通して、もうちょっと、全体像がよく見えました。

シリウスの記事へも、上記のリンク先の中でリンクを張っています。)


このことで、記事を書いたときから説明が必要かも…と思っていた点を、

追加情報をあわせて少し補足したいのですが、


上の記事中で述べた、


「形としては今とさほど変わらない人類が、

(ちょうど現在の人間が他の種(しゅ)にしているように、)

人類をつくった存在の、家畜状態だったこともあった」

ということについてです。


「歴史」はひとつじゃないので、そのあたりはリンク先の記事全体を読んでね。



この「家畜状態」ということについてですが、こんな風に考えてみてください。


私たちは現在、自分たち以外の種、

植物や動物やほかの生物たち…

彼らには、人間ほどの意識はないものとして、扱っています。


ある意味では地球の「支配者」として、

他の種に対して力を行使しているとも言えますよね。


かといって、そこに「愛情」がないというわけではありません。



たとえば、牧場などを営んでいる人たちは、

そこで飼っている動物をとても慈しみ、愛していると思います。


植物を交配したり、育てたりして、私たちはその存在を愛してもいます。


ただ、自分たちと対等の「意識ある存在」として扱うことは、まれです。



地球外のある存在が、地球を拠点に、

今のような形の人類をつくったときにも、そのような感覚だったかもしれません。


「家畜状態」の意味は、そう理解していただければと思います。



ただ、「それは違うんじゃないか…」と、当時から、

地球人類のことを見て、違った風に扱いたい種族もいました。


これは、私の中でまだ詳細を断定できないので、

詳細は仮の話として、流れをお聞きください。



人類を(まだ未熟な種として、前述の「家畜状態」のような保護下で)

作った存在を仮に種族Aとしますと、


それはちょっと違うんじゃないか…別の形で人類を育みたい、

という意図をもって、その後に参加した存在を種族Bとします。



種族Bにあたる存在も一種ではないかもと思うのですが、

前述の記事をアップした後に私が認識したのは、シリウスです。


シリウスの存在は、人類をもっと「意識ある者」

これから自立していく者として、扱うことを目指しました。



シリウスの存在は、肉体をもつ形のものだと、

水陸両棲型という情報を以前お伝えしましたが、

(肉体を持たない存在もいる)


たぶん、世界の色々なところの古代の記録に、

魚人のような姿の神的存在が書かれているのは、

シリウスの存在なのではと私は思っています。


シリウスの存在は、そのように人類と直接交流して、

人類の自立を促すために、基礎的な知識をシェアしたのでしょう。


そして、ある時期になったら、地球を去ったのです。

人類自らの歩みを妨げないように。




おそらく、種族A種族B(ここではシリウスの間で、

人類に対する姿勢や方針は、異なっていたものと思われます。



地球の歴史といっても長いので、

他にももっと、色々な存在が関わっているのですが、


ここでは、常識的に教えられた「歴史」の見方だけではなく、


地球の歴史を考えるときに、地球外の文明との関わりがあったということ


…私たちが「地球」とみなしているこの舞台も、

他の多くの次元や種と関わっている多数の舞台のひとつなのだ、


という繋がりを感じていただければ幸いです。



魂レベル、エネルギーレベルでも、私たちみんな、

色んなところの存在、宇宙文明の要素をもっています。



なお、私はここのところ、

シリウスと龍の関係について、思いを馳せています。


自然の精霊としての“龍”のほかに、

人類の伝承の中で神龍とされているものの中には、

地球外の生命も関係しているのでは、と感じています。


もっと何かわかったらご報告します(^-^)/ ♪


★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」



ランキングサイトに参加しています。
1日1回、ぽちっとよろしくお願いします

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

ありがとうございます

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.