BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

別の人生の自分と輝き合う2

は~い (*^∇^*)ノシ

「別の人生の自分と輝き合う1」 からのつづきで~す

beats-and-love.hatenablog.com

…ちなみに、私はこの人生では、占いが好きではないんです。

というところからでした。


女の子は占いが好き♪ 

なんていうのは、勝手な社会通念みたいなもので(笑)えへへ…

男性でも、占い大好きな人っていますし…

日本の人は、とくに、血液型占いが好きな傾向ありますよね~。


私は、ものごころついたときから、占いに興味が無いし、

むしろ、「決めつけ(固定観念)」になるから好きじゃないな~と思っていました。


そうじゃなくても人の思い込みなんていっぱいあるのに(笑)!?

なんでわざわざ、さらに定義付けをしたがるんだろう?なんて不思議で。


今のようなお仕事をするようになってからは、

周囲に、心ある“占いが得意な人(セミプロの人たち)”もあらわれて、


その人たちは、道具や媒体として占いを使っていても、

相手の心と自分の心とに耳を傾けることを忘れていなかったから、


そのおかげで、

占いをしている人全般に対する偏見というのはないのですけれど。


ただ、ときどき職場などで

(昔、精神世界・スピリチュアル系の職場にいたので)

「あの人は数秘が~だから○○だ」

「星回りが~」

「名前の画数が~」

なんていう話をきくと、ゲンナリしていました。


そのように見れば、そうもなるさー

…バイアスかかっちゃうって。(^o^;)


それよりも何よりも、大切なのは本人の意識だよ!と思っているのは、

今でも変わりません


そんな私は、「精神世界・スピリチュアル」と銘打ったジャンルの、

イベントなどに参加することがあっても(昔はときどきあったのです)、

なんとなく居心地がわるくて。


自分の、「セラピストでもないし、占い師でもない」

という立ち位置や(ジャンルの曖昧さっていうの?笑)、

独特の精神性がここでもはみ出しているように感じて、

戸惑うこともありました。


あと、ちょうど今回のお話に、「マヤ文明」が出てきましたが、

たいへん騒がれた「マヤ暦と、終末論の話題」にも興味がありませんでした。


マヤ暦はいいとして、その解釈ってどうなの?

という感じだったなぁ。


あと、これもマヤ暦ですよね…「マヤン・カレンダー」。

周囲に熱心な人たちがけっこういたのですが、

(青いなんとかのサル、とかそういう自己紹介をしてくれる人がいたり!?

でもその意味を知らないと、何の事かわからないですよね(TωT)  )

私は、やはりそこにも興味が湧かなかったのです。


私は、過去の文明や伝統を否定するつもりはありません。

そこにすばらしい叡知もたくさんあると思っています。


ただ、だからといって、そこに「回帰」しようとするつもりもないのです。


それに、現代を含めたどの文明も、善し悪しが較べられるものじゃなくて、

その時代背景や、人々と密接につながっているものだと思うのです。



そんなこんなで、今回出てきたマヤ文明の中にいるらしい、

「預言・占い」をしている彼女は、私にとっては異色の存在でした。


ただ、彼女とリンクした、共鳴したのは、

今回私の中にあった、「形」をつくらずに、直観だけを信じてもいいのかどうか

という思い。

…そこだったので、一見逆のことをしていた彼女だけれど、

同じような迷いを持っていたということが面白く、

しばらく、彼女を感じてみていると、こんな気持ちが湧いてきたのです。


「あなたの預言やアドバイスが、間違っていたことがあったとしても、

相手を思う心があったよね。

その人の人生がよくあってほしい、という、真心から見ていたんだよね。

それは相手に深いレベルで伝わると思うし、

形として正しいか間違っているかは、二の次なんじゃないかな。」


心の中で自分に話しかけるように、つぶやくように、こんな思いがあふれてきて。


…すると!

彼女から返事が返ってきた (・∀・)/


会話、できるんだ・・・ ( ゚ ▽ ゚ ;)


私が最初、

クライアントさんと一緒にいるヴィジョンの中で見た彼女のイメージよりも、

流れ込んでくる「彼女の感触」は若々しい。

そして、思ったより、あかるいというか、メンタリティーがのんき。


意外なことに「踊りが好き」だというので(私も好き)、

彼女の時代や職業だと、ご神事とかの、あれかな…?

と、思い浮かべていたら、


「そういうのもあるけど、娯楽の。」

と、訂正されました(笑)


彼女がどう私を認識しているのかわかりませんが、

自分と似た感じのことをやっているのだな、とは理解しているらしく、

「私たちはさ…」

という感じで、仲間として、人をみる仕事への情熱を語ってくれるのが、

なんだかキラキラしていて、うれしくなりました。


今回「リンク」した一件については、彼女は、

「私も、直観をもっとそのまま出してみる。

今あるやり方を、完全には放棄しないけど…少しずつ。

両方を使えるように。」

というようなことを言っていました。


そんな彼女を感じていて気づいたのが、

「あぁ、当時の彼女のいた環境では、

それら(占い・預言)のものの考え方は、自然だったんだなぁ~。

まさに、切っても切り離せない、実際の生活に密着したものだったんだ」

ということです。

もっといえば、その文化に色々な意味で「便利」だったのね~、とも。


そして、それと並行して、

私はマヤ文明にたいして(ほぼ知識ゼロだったので)

家にあるものや、ネットで調べたりしてみたのですが…


そのときに、出てきた情報を見ていると、

「あ、これはすごくよくわかる。いい視点だな!(笑顔)」

と、感じることと、

「いや~、それは多分違うんじゃないかなぁ…汗☆

と、違和感を感じることとが、ありました。


彼女とは「ベラベラベラベラ~」という風に、

自在に会話できるわけではないのですが、

こうして「感覚」を通して、伝えられているのだなぁと感じました。

知りたいと思うことがあると、ちょうどいいサイトに出会えたりね。


とはいえ、私の興味はすぐに落ち着いてしまい、

そこまで深まることはなかったのですが(笑)、


それよりも何よりも、私にとって大きかったのは。


彼女の人生の“流れ”のようなものを感じていたら、私は私で、

今ある私の人生が好きだなって、とてつもなくはっきりと思えたんですよね。

唐突に、胸にぱぁーーーっとひろがる、途方もないよろこびや愛情。キラキラ☆


それは、なんていうのでしょう…

お互いが、それぞれの環境の中で生きている輝き、

それぞれの人生に付属する、それぞれの味を持つ、愛しさみたいなものでした。

言葉で上手に表現できないけれど。

☆☆☆

あなたのたくさんの人生も、輝き合っている。

そして、

そのどれかに「よい」とか「わるい」とか、

どちらが「より優れている」なんていう評価は、つけられないんだよ!


どの自己も精一杯生きていて、

私たちは今も、お互いのよろこびを共有し合っているよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました♪


★スピリチュアルカウンセリング★

個人セッションについて

お申込みのご案内

クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.