BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

こんな近くにあったんだね(愛の話)

今回は、「こんな近くにあったんだね(愛の話)」です。



通り沿いのイルミネーション☆


★★★

「こんな近くにあったんだ!」

それなのに、気づかないでいる。


この人が、こうなったらいいのに…

これが、こう変わったらいいのに…

そんな風に、自分の期待している一方向だけをじーっと見ている。


そこから何かを受け取ろうと、力いっぱい揺さぶったり、

望んだものがもらえない、愛されていないと失望する。

人生を、苦しいものとして、灰色に染める。


欲しがっているそれ、望んでいるそれは、

あなたの世界に、すでにあるのに。

これまでも、ずっとあったのに。


ない、ない、と探している。

ほしがって、ほしがって、ほしがっている。


あなたのすぐそばで、

あなたの肩を何度も叩いているのに、気がつかない!


別の所を見続ける、


不幸に釘付けになる、

そこからやってくるものを凝視している……。


愛のヒーロー・ヒロインは、あなたの身近に。

物語のヒーロー・ヒロインの正体がそうであるように、

誰も、それが彼・彼女だとは気がつかなくても。


あなたにも、愛はふんだんに注がれていた。

あなたは、知らないかもしれないけれど。


そしてあなたもまた、知らずに誰かの、ヒーロー・ヒロイン。


あなたが生まれたとき、

心から、あなたの幸せを願う者がいた。

その思いの、ほんのひとかけらでも、あなたが感じることができたら。


あなたの人生が良いものであるようにと、

どうかよい一生をと、心からあたたかく、祈っていた者がいた。


その思いの、ほんのかけらだけでも、

あなたが気づいて、受け取ることができたらね……


「いつもそれは、こんなに近くに、あったんだね。」

★★★

あなたに向けられた愛を、あなたが本当に気づけているかというと、

残念ながらそうではないことがある。


誰かがあなたのことを思ってくれていて、

それがあなたの想像以上のものであったとしても、

あなたは知らないまま、自分をとても粗末に扱うこともできるし、

そんなことはおかまいなしに人生を嫌って呪うこともできる。


誰かがあなたに大きな愛を送っていても、

あなたはそっぽを向いて、「愛がない」と思い続け、

「私は結局ひとりだ」と感じることもできる。


そして、思うようにならない人生に、内心絶望しているかもしれない。

★★★

ある人が

世界中を巡って

それを探した

ほうぼうを歩いて

たくさんの人を訪ね歩いた


見つからないと思った

手に入らないと思った

人生をむなしく思った

それがすでにあるということを

わからないばっかりに


探し疲れて 

ふと振り向いたら

澄んだおいしい水の湧き続ける泉のかたわらで

喉が渇いているようなものだった


★スピリチュアルカウンセリング★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.