BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「今年のヒヨの鳴き声は風鈴・地面とRangeは自分で決められる」noteで読めます

noteに「今年のヒヨの鳴き声は風鈴・地面とRangeは自分で決められる」を公開しました。

note.com

全文無料でお読みいただける記事です。

<目次>
◇ガラス製風鈴の響きで歌うヒヨドリと、心のずれ
◇今の私のThe most フォーカスは鳥ではないことを知る
◇人生の錨をおろす地面と自分のRangeは自分で決められる

しばらく書きたいなと思っていて先送りになっていた話題。
今年のヒヨドリは私がこれまで経験したことのない鳴き声で、それについて私は注意をひかれずにはいられず、やがて意外な発見があったのです。

この記事は、先月末の「牛の魅力にドキドキ☆」の内容に続く部分もあるので、両方を読んでいただくときっと繋がりが見えてきて楽しめます(「牛の魅力……」の記事も全文無料でお読みいただけます)。

「まったく同じ」日常が本当はないのだということを、喪失の観点に入り込んで考えてしまうとさみしく感じる人もいるかもしれないけれど、毎瞬毎瞬の貴重さ、愛しさと見ると、そのときそのときの思いは唯一無二だし、必ず起きている変化を認識することはとっても面白い。

そんなことにも思いを馳せながら、日常おのずと周囲の自然を感じ取っている私の今回の記事をぜひ一緒に味わってください。

前回のnote「I to I, see eye to eye, 象徴思考と世界を用いた対話」をご購入くださった方は、シンボル(象徴)を用いる・理解する別の例としてもこの記事をご活用いただけますよ☆


「noteの読み方、楽しみ方。」 

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.