BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリング、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

ミドちゃん(ナガサキアゲハの幼虫)人間風イラスト

昨年秋に続き、今年6月にも記事に登場した、ナガサキアゲハの幼虫、ミドちゃん。

☆記事はこちら
「今年のミドちゃんと、アニマルコミュニケーションの極意」

beats-and-love.hatenablog.com

その姿を絵に描いてみたくなりました。
ただし、
「動物たちの個性が人間のイメージで見えること」という記事を書いたことがありましたが、

beats-and-love.hatenablog.com

その感性で、ミドちゃんを描きました。

f:id:beats-and-love:20190627214610j:plain

人間の服装でいうと、フードをかぶったイメージ。
ご存知の通り、目玉のように見える模様は目玉ではなく、下にきれいな黄緑色のおめめとお顔がございます。

これから立派な成虫(蝶々)になる子どもです。
性別は前回のミドちゃんは♂、今回のミドちゃんは♀という感じがしたのですが、イラストではどちらとも取れる容姿にしました。

ノリで描いたので、細かいところは再現していませんが……(笑)、漫画にするならおおよそ、このようです。 

いっぱい食べて、大きくなって、ぶじサナギの期間を乗り越えてほしいですね☆

先に載せた記事、
「動物たちの個性が人間風のイメージで見えること(アニマルコミュニケーション)」の中で述べたように、生物たちを、
あえて人間風に見る必要はない
のですが、「存在 対 存在」として眺めると、対等さから、自然とこんなイメージも湧きやすくなります。

それは、何というのでしょう。
虫が虫の姿を超えたものとして、
動物が動物の姿を超えたものとして、
存在の本質が感じられる結果、

人間ならこんな感じだなー!
と、親しみを持って変換が働くのです。

私たち人間の形ももちろん、スピリットを「知覚したものの一形態」ですから。

どんな生き物も、私たちが捉えている姿は、本体の「アバター」と言えるんですよ。


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

アニマルコミュニケーション

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.